GMO

ドコモ光のプロバイダとしてGMOとくとくBBはおすすめできる?

投稿日:

ドコモのスマホユーザーならドコモ光でGMOはおすすめできる

ドコモ光は20社以上のプロバイダから選んで契約ができるのですが、どこを
プロバイダにすればいいのか悩んでいる人も多いと思います。

色々と魅力的なプロバイダがあるのですが、その一つにGMOとくとくBBという
プロバイダがあります。

多くの口コミなどでも見かけることができるプロバイダですが、こちらは
ドコモ光のプロバイダとしておすすめできるところでしょうか?

口コミでは確かに色々な意見があって、おすすめできるやおすすめできないと
意見も分かれるところです。

私の意見としては「ドコモのスマホユーザーならGMOとくとくBBはおすすめ」
というところでしょうか。

多くの口コミのとおりに使いやすい所とおすすめできないところが確かにあります。
それを確認してみることにしましょう。

GMOとくとくBBの魅力はキャンペーン特典

まずはドコモ光のプロバイダにGMOとくとくBBを選ぶ魅力について。
多くの方が認めているのはキャンペーン特典の多さです。

ドコモ光のプロバイダは多少の変動がありますが、大体20社程度から選んで
契約することができます。

その中でGMOとくとくBBはかなり多くの加入特典が利用できるのが
とても大きな魅力になっています。

はっきり言うとキャンペーンでキャッシュバックなどが多く、使えばお得になる
という印象が強いプロバイダです。

ちなみに現在行われているキャンペーンは最大15,000円のキャッシュバックと
最大30,000ポイントのポイント還元があります。

まあ最大というだけあって全ての加入ユーザーがもらえるわけではありませんが。
当然ポイント還元も最大なのは西日本で加入する人のみです。

ただドコモ光に加入することでキャッシュバックがもらえるというプロバイダは
他にほとんど見ることがありません。

ドコモ光への加入を考える時に、このキャンペーン特典はとても魅力的です。

GMOとくとくBBはv6プラス対応で通信速度が速い

もう一つのGMOとくとくBBの魅力は通信速度です。
次世代通信規格のv6プラスに対応しているという魅力があります。

まあドコモ光でv6プラスや、それと同じ次世代通信規格のサービスを提供している
というプロバイダは多くあります。

GMOとくとくBB以外にも大手プロバイダはほとんどがv6プラスや
それに準基するサービスの提供を行っています。

こちらの魅力はGMOとくとくBBだけの魅力とは言えないのですが・・・
これに関するサービスがGMOとくとくBBの魅力になっています。

それがv6プラス対応ルーターの無料レンタルです。

GMOとくとくBBなら無料でv6プラス対応ルーターレンタルができる

次世代通信規格のv6プラスを使うためには対応のWi-Fiルーターが必要です。
自分で用意する必要がある、レンタルできるとプロバイダで対応も様々です。

ただ多くのプロバイダではレンタルの場合、月額400円程度の料金が必要で
別にコストがかかってしまうのが一般的です。

それを考えると自分で購入したほうが、ランニングコストがかからず結果的に
安くなるということも多いのですが。

でもGMOとくとくBBではこのv6プラス対応ルーターが無料レンタルできます。
というかv6プラスを使うにはレンタルが必須なのですが。

まあ一応v6プラスを使うために余計なコストが必要ない、というのが魅力で
当然レンタルなので設定なども終わったものを借りることができます。

つまり接続するだけでネット接続可能になるルーターをただでレンタルできる
というのがGMOとくとくBBの魅力になるわけです。

ドコモ光は料金に違いがない

サービス的な魅力についてGMOとくとくBBのメリットがわかりました。
では料金などについてはどうなのでしょうか。

ドコモ光では契約できるプロバイダをタイプAとBの2種類に分けています。
そしてそれぞれのタイプで月額料金に違いが無いのです。

タイプAの場合、戸建てプランが月額5,200円、マンションプランは月額4,000円。
タイプBの場合、戸建てプランが月額5,400円、マンションプランは月額4,200円。

GMOとくとくBBはタイプAのプロバイダです。
ちなみにタイプはドコモとプロバイダが相談して決めているようです。

料金が高いからサービスがいい、という訳でもありません。
大手プロバイダのBIGLOBEやSo-netはGMOと同じタイプAです。

そしてドコモと同じ系列会社のOCNはタイプBなのでタイプによる
プロバイダの違いは関係ないと思います。

ドコモ光で使っているのはフレッツ光

料金についてプロバイダによる違いがほとんどないなら回線の違いはどうでしょうか。
こちらもドコモ光が光コラボということで全く違いがありません。

元々光コラボとはフレッツ光回線をNTTからレンタルして提供するサービスで
ドコモ光もこの光コラボの一つです。

つまりドコモ光として契約するので使うのはどのプロバイダでもフレッツ光回線で
全て同じ回線サービスを利用できるということになります。

日本最大手のOCNとGMOとくとくBBで回線の違いはありません。
プロバイダ選びに関係することもないと思います。

GMOとくとくBBでドコモ光を使うデメリットはキャンペーンの申し込み手続き

ではGMOとくとくBBをドコモ光で使う場合のデメリットは無いのでしょうか。
口コミを調べてみるとキャンペーンの申込み方法に不満が集まっていました。

元々GMOとくとくBBのキャッシュバックはもらいにくい、という評判です。
その理由は受け取りまでにかかる時間が長く手続きがちょっと面倒くさいから。

確かにほぼ1年先に届くメールに記載されているアドレスに振込口座の指定をする
というのはちょっと大変です。

とにかく忘れやすく、メールが宣伝メールに混ざって分かりにくいというのが
多くのユーザーの意見でした。

まあドコモ光の場合、普通に申し込みをするだけではキャッシュバックも5,500円と
かなり普通の金額なのでそこまで大きな不満がでていないというのが現状です。

最大キャッシュバックを受け取るためには有料オプションのIP電話への加入が必要で
余計なコストがかかるためにほとんどのユーザーは最大金額の受け取りができません。

まあこの辺りのキャッシュバックの条件も大きなデメリットと言えると思いますが。

GMOとくとくBBはルーターの事前申し込みをしないと届くまでに時間がかかる

もう一つ口コミで大きな不満になっていたのが無料レンタルできるルーターのことです。
申込みから届くまでに時間がかかるという意見が多くありました。

最近では事前申し込みが出来るのでドコモ光の契約をしたらすぐにGMOの公式サイトで
レンタルルーターの申し込みをすることがおすすめです。

事前申し込みの条件はドコモ光の支払いがクレジットカード払い、開通工事の3日前に
レンタルルーターの申込みをしていることです。

この条件を満たしていると開通工事の当日にルーターが届けられます。

事前申し込みをしていない場合は開通工事から5日後にお届けという状態です。
当然それまではv6プラスも使えないので通信速度も遅いままです。

ルーターレンタルの事前申し込みは忘れないようにしたいところです。

ドコモ光なのでドコモユーザー以外にメリットがない

ドコモ光のプロバイダとしてGMOとくとくBBを選ぶという前提なので当然ですが
ドコモユーザー以外に大きなメリットがありません。

使っているスマホがauならauスマートバリューが使えるプロバイダの光コラボ。
ソフトバンクならソフトバンク光のほうがお得なので当然そちらを使います。

ドコモ光でGMOとくとくBBを使う場合、当然ですがドコモユーザー以外の
割引がないので全くお得になりません。

まあGMOとくとくBBで行っているキャンペーンでもポイント還元がありますが
このポイントがそもそもドコモのdポイントです。

キャンペーンでもドコモユーザーがお得なのでそれ以外のユーザーはやはり
別のプロバイダを選ぶほうがお得になります。

それにドコモ光でお得になるのはドコモのスマホを使っているユーザーだけです。
ガラケーを使っているならドコモ光はお得になりません。

ドコモのスマホを使っている人にはGMOとくとくBBのキャンペーンは
お得なのですがそれ以外の人にはおすすめしにくいです。

GMOとくとくBBの口コミでは通信速度も魅力

色々とGMOとくとくBBのことを調べてみましたが、実際に使っているユーザーが
どう思っているのかも確認してみましょう。

口コミ評価を調べてみると、ドコモ光のプロバイダとしてGMOとくとくBBを選んだ
というユーザーの評価はそれほど悪くはありませんでした。

評判として良い、と言われているのが通信速度です。
かなり快適にネット接続ができるという意見を多く見かけました。

理由としてはv6プラスを利用できるというのが大きいかと。
スピードテストの結果を載せている人も多く、その結果はかなりいいと思います。

GMOとくとくBBでは公式サイトでも全国や地域ごとの平均通信速度を
掲載しています。

それによれば全国平均でも下り170Mbpsを超える通信速度がでていることになり
かなり快適なインターネットができるということになります。

口コミでも下り400Mbpsを超える通信速度がでているという報告もありました。
今までの通信方式では考えられない快適なネット接続ができているようです。

GMOではv6プラス申し込みにルーターレンタルが必須

口コミの不満点としてはv6プラスを契約するためにGMOとくとくBBで
必ずルーターをレンタルする必要がある、ということです。

基本的にv6プラスでネット接続するためには対応ルーターがあればできる
と提供元のJPNEでは説明しています。

でもGMOとくとくBBではドコモ光に加入する時に自動適応されるはずの
v6プラス申し込みがルーターレンタルをしない場合は適応されません。

そしてレンタルルーター以外のルーターではGMOとくとくBBでは動作保証を
行っていないと説明しています。

つまり対応ルーターをレンタルして自分の持っているルーターを使っている場合
動作に不具合が出ても自己責任で、ということらしいです。

サポートの説明でもGMOとくとくBBではレンタルルーター以外では
v6プラスの接続ができないと謎の説明も行っているようですし・・・

評判がいいはずの高速通信サービスの対応がちょっと問題あり、というのは
かなり残念な印象です。

GMOとくとくBBのサポート対応は悪い

そもそもGMOとくとくBBのサポートはかなり評判が悪いことで有名です。
それはドコモ光のプロバイダでも同じようで。

こちらも口コミを調べてみるとサポートダイヤルに電話をしてもつながらない。
つながっても待たされるだけで解決にならないという意見が多く見られます。

原因としてGMOとくとくBBのサポートダイヤルがフリーコールではないこと。
料金発生の電話番号なので待たされることで不満が大きくなってしまうのです。

しかもサポートスタッフの教育が進んでいないのか、説明もはっきりしないことが多く
間違っているということも・・・

まあ新しく始まったIPv6方式の通信サービスに関してはどこのプロバイダも
サポート体制はあまり整っていないという印象ですが。

このIPv6方式の通信サービスの速度を売りにしているならきちんとサポートを
して欲しいというのがユーザーの希望だと思います。

こんな状況から考えてもv6プラスが使えるというだけでGMOとくとくBBを
ドコモ光のプロバイダとして選ぶ理由はないと感じました。

GMOとくとくBBをドコモ光で使うなら長期契約ができる状況にする

知恵袋での質問を調べてみるとドコモ光のプロバイダでGMOとくとくBBを選んだ場合
レンタルルーターを使うべきか、という質問を多く見かけました。

無料レンタルなので実際にコストがかからずレンタルができます。
以前は最低利用期限があったのでとても使いにくかったのですが、今はありません。

まあ解約した時に返却する必要があるくらいですか。
レンタルなので返却が必要なのは普通なのであまり問題に感じません。

ただv6プラスを使うためにレンタルが必須というのはちょっと嫌な印象です。
実際に使っている人もルーターの安定性に問題がある、という意見も見られますし。

色々な意見や評価を考えてみるとGMOとくとくBBが特別おすすめのプロバイダ
という印象は全くありませんでした。

でもドコモ光のプロバイダとしてはv6プラスに対応していることもあり大きな問題は
無いと思います。

つまりドコモのスマホを持っていて割引目当てのドコモ光加入ならキャッシュバックで
ちょっとだけお得になるGMOとくとくBBはプロバイダとして選びやすい。

それ以外でv6プラスを使いたい、ネットゲームがしたいからIPv4とIPv6の併用が
できるプロバイダがいいというならおすすめはしません。

ドコモ光では20以上のプロバイダから選んで契約が出来るので目的にあった
プロバイダを選ぶことをおすすめします。

-GMO

Copyright© ドコモ光【速いプロバイダ】調査結果100 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.