ipv6

ドコモ光のプロバイダでv6プラスに対応しているのはどこ?

投稿日:

ドコモ光のプロバイダはv6プラス対応のところを選ぶと速くておすすめ

ドコモユーザーがお得に使える光コラボのドコモ光はとても多くのユーザーが
加入している人気のサービスです。

ただ特徴として多くのプロバイダから選んで契約が出来るのですが、どこを選べば
いいのか分かりにくいという欠点も。

そこでおすすめしたいのが「ドコモ光のプロバイダを選ぶならv6プラス対応」の
プロバイダということです!

このv6プラスというサービスは最近問題になっている光回線の混雑による通信速度の
低下を防ぐという効果期に期待ができます。

注意点としてはどこのプロバイダでも提供しているわけではなく、使えるところを
選んで契約する必要があるのです。

そこでドコモ光の対応プロバイダではどこがv6プラスを使うことが出来るのか。
ちょっと確認してみたいと思います。

通信サービスはv6プラス以外にもあるので注意

まずはドコモ光で提供している次世代通信規格サービスについて。
実はv6プラス以外にも通信方式のサービスは提供されています。

まあその中でもv6プラスはかなりおすすめできるのですが。
その理由はどんなサイトでも通信速度が速くなる可能性があるから。

実際にv6プラスというのはサービス名で、通信方式はIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6
という方式の通信サービスです。

このIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式とは次世代通信規格と今までの通信規格の
互換性をもたせた通信方式によるサービスのことです。

このIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式が出来るまで次世代通信規格を使っただけの
IPv6 PPPoE方式や、互換性のないIPv6 IPoE方式の通信方法もあります。

でもこれらの方式ではほとんど速度向上が期待できない、または特定サイト以外の
速度が速くならないなどの問題点がありました。

ただ新しく提供されているv6プラスなどIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信は
どんな状況でも、どんなサイトでも通信速度の向上が期待できます。

これがv6プラスをおすすめする理由の一つです。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式はv6プラスだけではない

もう一つの注意点としてIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信方法はv6プラスだけ
というわけではありません。

細かな通信方式の違うTransixというサービスも同じIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式で
高速通信が期待できるサービスです。

ただv6プラスのようにかなり多くのプロバイダから提供されていないので知名度は
やはりv6プラスのほうがあると思います。

そこで今回はドコモ光のプロバイダで快適なサービスを探すということなのでv6プラス
以外のIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式をとりあえず無視します。

ドコモ光の対応プロバイダで快適にネット接続ができるv6プラスに限って
プロバイダを調べてみたいと思います。

現在のドコモ光の対応プロバイダのv6プラス提供状況

では実際に現在ドコモ光に対応しているプロバイダでv6プラスの提供をしている
プロバイダを確認してみます。

・ So-net
・ GMOとくとくBB
・ @nifty
・ IC-NET
・ Tigers-net.com

それと一応andlineもv6プラス対応のようなのですが・・・
公式サイトにはっきりとv6プラス提供と書かれていないので確認ができません。

ドコモの提供している資料を見ると(v6プラス)となっているので多分v6プラスを
提供しているのではないかと。

現状でv6プラスを提供しているのはこちらのプロバイダです。

BIGLOBEは現在v6プラスの提供は行っていない

ドコモ光の対応プロバイダで以前v6プラスの提供をしていたのがBIGLOBEです。
ただし現在はv6プラスの新規加入受付をしていません。

その理由はプロバイダが新しいサービスの提供を始めたためです。
BIGLOBEでは独自のIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式サービス提供をしています。

それがIPv6オプションというサービスで、サービス内容としてはv6プラスと
大きく違いがありません。

ただし独自提供のサービスなのでJPNEが提供するサービス名のv6プラスという名前を
使っていないということです。

ちなみにドコモ光にはこの様に独自サービスを提供しているプロバイダが他にもあります。
今回はv6プラスの提供、ということでそちらのプロバイダも考えずに調べていきます。

それぞれのプロバイダでv6プラス以外のサービス内容が違う

ドコモ光でv6プラスの提供をしているプロバイダがわかりました。
ではどこを選べば良いのでしょうか。

それぞれのプロバイダではv6プラスの提供をしているのですが、それ以外のサービスは
プロバイダによってかなり変わってきます。

そこでどんなサービスをそれぞれのプロバイダが行っているのか。
度のサービスを選ぶとお得にドコモ光が使えるようになるのかを調べてみます。

それぞれのv6プラス提供プロバイダの特徴やメリットデメリットを確認してみれば
どこがお得になるのかわかりやすくなると思います。

So-netをドコモ光のプロバイダにする

まずはSo-netをドコモ光のプロバイダにする場合、どんなサービスが利用できるのか
確認してみることにします。

基本的なオプションサービスはそろっていました。
有料オプションも数多くあります。

初心者に嬉しいところでは訪問設定サービスがあります。
パソコンに詳しくない人でもインターネット接続設定を頼むことができます。

ウイルス対策としてカスペルスキーの24ヶ月無料期間があります。
通常月額500円のオプションが24ヶ月は無料で使えます。

大手プロバイダらしくメールアドレスをもらうことが出来るのですが
その数が無料で最大4つ、メールボックスの容量も無制限となっています。

それと公式サイトからの申し込みならキャッシュバック15,000円キャンペーンが
利用できるというのも大きな魅力です。

まあキャッシュバックの受け取りは半年後なのですが。
ドコモ光の加入でキャッシュバックというのは確かに嬉しいところです。

訪問設定サポートとv6プラス対応ルーター無料レンタルが選択式

デメリットと言うかちょっと気になったのはSo-netの選べるキャンペーン特典です。
訪問サポートとv6プラス対応ルーターの無料レンタルを選んで使うことができます。

レンタルルーターを使えば最初から設定済みのルーターが使えるのでv6プラスの
設定をせずにONUに接続するだけでv6プラスでの通信が可能になります。

ただパソコン全般に詳しくないなら訪問設定サポートが欲しいところですが
この場合は自分でv6プラス対応ルーターを用意する必要ができてしまいます。

まあひかり電話に加入していればホームゲートウェイがレンタルされるので
それでv6プラスでの通信は出来るのですが。

サポートなどは充実しているので、どちらも使いたいという方にとってはちょっと
厳しいかなと言う印象です。

GMOとくとくBBをドコモ光のプロバイダにする

GMOとくとくBBをドコモ光のプロバイダとして選ぶ場合、多くの方がメリットとして
注目しているのがキャッシュバックが使えることです。

GMOとくとくBBの公式サイトでは15,000円のキャッシュバックにドコモのポイントが
30,000ポイント還元されるとありました。

更にv6プラス対応ルーターの無料レンタルと加入キャンペーン特典としては多くの
特典利用ができるという印象です。

しかも現在はレンタルルーターがBUFFALO製とNEC製から選べるというのも
GMOとくとくBBならではの特徴です。

キャッシュバックの金額を見るとSo-netと同じですがレンタルルーターが選べるなど
独自の魅力もある、という印象でした。

プロバイダの評判が悪いのがGMOとくとくBB

ただキャッシュバックは条件付きで、ドコモ光とIP電話のセットを申し込んだ場合に
15,000円を受け取ることができます。

単純にドコモ光岳の申し込みでは5,500円まで金額が下がります。
しかも受け取りは1年後とSo-netよりもかなり長い期間が必要です。

それにポイント30,000還元は西日本だけで東日本は20,000ポイントです。
更にこれはドコモが行っているキャンペーンでGMOだけの特典ではありません。

レンタルルーターに関してもv6プラスを利用するためには必須という条件なので
たとえ自分でv6プラス対応ルーターを持っていてもレンタルが必要です。

しかもサポートセンターでは「v6プラスはレンタルルーターじゃないとつながらない」
という説明もしているとか・・・

口コミの評判でもGMOとくとくBBのサポート体制はあまり良くないという意見も多く
プロバイダ自体の評判があまり良くない、という印象です。

@niftyをドコモ光のプロバイダにする

パソコン通信の時代からネットワーク接続サービスの提供をしている老舗のプロバイダが
@niftyです。

サービス内容もv6プラスを始め多くのオプションサービスがあります。
出張サポートは最初の1回に限って無料で受付も行っています。

他のプロバイダと同様に新規加入の場合ドコモのポイント20,000点の還元なども
利用できるのでドコモ光のプロバイダとしての安定感は高いです。

メールアドレスやウイルス対策などのサポートもあるので、一通りのサービスを
安定して使えるという魅力が@niftyにはあります。

v6プラスの手続きがちょっと面倒くさい

デメリットと感じるのはv6プラス加入の手続きについてです。
@niftyでは対象外の場合に別のIPv6オプションに加入することになります。

その説明がかなり分かりにくく混乱する、という意見が多くありました。
しかもドコモ光からの申し込みでは「v6プラス」加入と説明されないらしいです。

実際にはv6プラスで接続しているのに、IPv6接続オプションでの接続可能と
メールが届くのだとか。

まあv6プラスの接続確認サイトを使って自分で確認をすれば良いのですが。
色々と面倒なことが多い、という意見でした。

それに@nifty独自のサービス、特典というのが無いのも残念なところです。
加入キャンペーンもドコモのポイント還元のみです。

レンタルルーターは月額300円が必要、ただし自分で用意することも可能なので
好きなv6プラス対応ルーターを使えるというメリットもありますが・・・

基本的に自分で対応ができる人におすすめしやすいという印象でした。

IC-NETをドコモ光のプロバイダにする

ドコモ光のプロバイダとして契約できるのがIC-NETですが、こちらのプロバイダは
口コミなどがほとんど見つかりませんでした。

サービスとしては一応色々と提供されているようで、セキュリティソフトの利用も
So-netと同じ様に一定期間無料で使えるなど特典もあります。

当然v6プラスの提供も行っているので高速通信ができるという期待もあるのですが
実際に使っている人の情報があまりないのです。

どれくらいの通信速度で接続ができる様になっているのか。
サポート体制などはどうなっているのか、という情報を集めることができませんでした。

レンタルルーターがv6プラスに対応していない

あまり情報がない中で気になったのがレンタルルーターのことです。
IC-NETでもルーターのレンタルを行っていました。

ただIC-NETでレンタルできるルーターはv6プラスに対応していません。
つまりv6プラスでのネット接続ができないルーターなのです。

どうも動作確認がされていない、というだけではなくv6プラスの利用に必要な
パススルーという機能がないルーターのようです。

ちなみにレンタルは無料ではなく月額300円が必要です。
これを使ってもv6プラス対応ルーターを購入する必要があります。

かなり偏った情報になってしまいましたが、あえてIC-NETをおすすめする材料は
全く見つかりませんでした。

Tigers-net.comをドコモ光のプロバイダにする

かなり異色な感じのするプロバイダですが、その名前のとおりにプロ野球球団の
Tigersを応援しやすいサービスが豊富にありました。

プロバイダとしての基本的なサービス、セキュリティソフトのカスペルスキーが
契約中無料で使えるなどサービス内容はちゃんとしています。

それに加えてマイスタジアムという会員専用サイトが利用できます。
こちらではTigersの試合をネット中継してくれます。

関西地方以外ではテレビ中継の少ないTigersですが、この会員サイトを使えば
リアルタイムでの観戦が可能になります。

会員同士のチャットで一緒に応援することが出来るなどファンにとってはかなり
嬉しいサイトになっていました。

その他にもTigers戦のチケット交換ができるポイントシステムなどファンのための
プロバイダという印象でした。

v6プラスの加入手続きに時間がかかる

Tigersファンにとっては嬉しいサービスが多いのですが、v6プラスを使うということでは
あまり魅力的ではなくなります。

まずドコモ光加入で自動適応されないので自分で申し込みが必要です。
申し込みをしなければPPPoE方式の通信なので通信速度が遅くなる可能性も。

そして申し込みは電話のみの受付で、レンタルルーターなどはありません。
自分でv6プラス対応ルーターを用意する必要があります。

更にv6プラス申し込みから適応されるまで、実際に使えるようになるまでに
約1週間程度の期間が必要ということです。

他のプロバイダの場合、申し込みから早いところでは翌日には使えるという
状況でこの1週間というのはかなり長いです。

リアルタイムで試合を観戦するためにも高速通信は必要だと思いますが・・・
確実にファン以外にはおすすめできないという感じです。

サポートを考えると大手プロバイダのほうがおすすめしやすい

実際にv6プラスに対応しているドコモ光のプロバイダを確認してみると
プロバイダによるサービスの違いはたしかにありました。

そこで思ったのは新しい通信サービスを利用するので、プロバイダのサポートは
かなり重要になるという印象です。

レンタルルーターを無料で利用できればv6プラスの設定を自分ですることもなく
余計なコストをかけずに使うことができます。

自分で用意したWi-Fiルーターを使いたいなら接続設定などのサポートをきちんと
行ってくれるというプロバイダがおすすめです。

どんな方法にしてもちゃんとプロバイダがサポートしてくれるところがv6プラスは
使いやすいという印象でした。

サポート関係のことを考えるならやはり大手プロバイダや老舗プロバイダのほうが
きちんとしているという印象です。

確かにキャンペーン特典はとても魅力的なのですが、v6プラスを使うなら
サポートがしっかりしている大手プロバイダをおすすめします。

質問サイトでもv6プラス設定についての疑問は多い

知恵袋などの質問サイトを見てもドコモ光でv6プラスを使う場合の設定について
質問をする人を多く見かけました。

インターネットへの接続はそのユーザーの状況によって大きく変わってきます。
例えばひかり電話を使っているならホームゲートウェイとルーターの接続が問題。

これら個人の状況によって接続方法が変わるv6プラスの設定を初心者が手軽に
出来るとは思えません。

まあ質問の中には「素人です」と言いながらかなり高度な回線分配をしたい
という質問もあるのでなんとも言えないのですが・・・

始まったばかりの通信サービス、v6プラスに対応しているプロバイダは多くなり
ドコモ光でつかう事ができるところも複数あります。

どんなプロバイダを選べば良いのか、と聞かれればやはり「サポートのしっかりしている
大手プロバイダ」と私なら答えます。

-ipv6

Copyright© ドコモ光【速いプロバイダ】調査結果100 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.