so-net

ドコモ光でSo-netを選んだ場合、通信速度は快適?

投稿日:

So-netはドコモ光でもv6プラスが使えるので通信速度は快適

ドコモ光では多くのプロバイダから選んで契約が出来るという魅力がある光コラボで
選べるプロバイダは大手プロバイダを含めて20社以上あります。

色々と気になるプロバイダはあると思いますが、人気プロバイダを選んだ場合の
通信速度はどうなのでしょうか?

光コラボはフレッツ光回線を使ったサービスで、ドコモ光でも使っているのは
フレッツ光回線です。

同じ回線を使っているならどこを選んでも同じ通信速度にはならないのでしょうか。
実際に使ってみるとプロバイダによって通信速度は大きく変わってくるのです。

それならば大手プロバイダや人気があるプロバイダを選んだほうが使いやすい
ということでしょうか。

実はフレット光回線の場合、多くのユーザーが集まってしまうと混雑して通信速度が
遅くなる可能性も高いのです。

ではSo-netなどの人気プロバイダを選んだ場合、通信速度は遅いのでしょうか。
まあ口コミなどを見ると確かに不満を持つ人も多いのですが・・・

新しいサービスを使えば通信速度はかなり快適になります。
それがv6プラスという新しい通信方法です。

これはSo-netでも使えるので通信速度に関しては問題なく、快適にインターネットが
出来るようになります。

ではSo-netを使って契約するドコモ光の通信速度について、もう少し詳しく
調べてみることにします。

ドコモ光で契約するSo-netの特徴

まずはドコモ光のプロバイダとしてSo-netを選んだ場合の特徴について確認します。
以前はタイプBでしたが今はタイプAのプロバイダとして契約が出来ます。

ドコモ光では選べるプロバイダをタイプAとタイプBに分けています。
違いは単に月額料金だけです。

タイプAではファミリータイプが月額5,200円、マンションタイプが4,000円です。
タイプBではファミリータイプが月額5,400円、マンションタイプが4,200円です。

タイプAの方が200円安く使えるということです。
プロバイダとして能力など全く関係なくドコモとの話し合いでタイプを決めるそうです。

So-net自体も光コラボとしてSo-net光を提供していますがドコモ光でSo-netを
使う場合にはキャンペーン内容がちょっと変わります。

ちなみにドコモ光のプロバイダで選ぶ場合、So-netの公式サイトから申し込みをすると
キャッシュバック15,000円が利用可能です。

さらに無料でWi-Fiルーターをレンタルか訪問サポート1回無料を選んで使うことも。
特におすすめなのはWi-Fiルーターの無料レンタルです。

パソコン初心者にとっては遠隔操作や訪問サポートで初期設定をしてもらうのは
かなり便利だと思いますが、Wi-Fiルーターの無料レンタルのほうがおすすめです。

その理由はこのWi-Fiルーターがv6プラス対応ルーターだからです。

So-netの特典でWi-Fiルーターを使えばv6プラスが使いやすくなる

So-netの通信速度に関して、v6プラスを使えば快適になると説明しました。
そのv6プラスというサービスを使うためには対応したルーターが必要なのです。

一応v6プラス対応ルーターは市販されているので、メーカーの対応表などを確認して
自分で購入することもできます。

Wi-Fiルーターの性能を気にしないなら3,000円程度で購入できる商品もあるので
それほどコストをかけずに対応商品を用意することはできます。

でもSo-netのキャンペーンで利用できるレンタルルーターはIOデータの商品で
希望小売価格は8,000円程度の商品です。

これを無料で利用できるというのはかなりお得な印象です。
それにIOデータはWi-Fiルーターのメーカーとしても人気がありますし。

性能の良いWi-Fiルーターを無料でレンタルできればv6プラスの導入にも
抵抗が無くなり利用しやすいと思います。

以前のSo-netの口コミは通信速度が遅いと言われていた

ではなぜそこまでv6プラスというサービスをおすすめするのか。
それは以前のSo-netの口コミにも関係してきます。

実際にSo-netを使っている人の評判を調べようと、口コミを探してみると
So-netの通信速度に関する評判がとても悪いことがわかります。

ドコモ光のプロバイダになってさらにその状況はひどくなったようで
光回線を使っていても下り速度が1Mbpsに届かないという口コミもありました。

実際に夜間にSo-netでの接続をしている状態で速度測定をした画像を見ましたが
通信速度は下り800Kbpsというかなり遅い数値になっていました。

口コミの評判でもSo-netから乗り換えをしたいという意見も多く見られました。
確かに光回線としては全く快適に使えない通信速度だと思います。

ではなぜSo-netの通信速度がそんなに遅くなってしまうのか。
原因として考えられるのはユーザーが集まって混雑してしまうことだと思います。

人気プロバイダのSo-netは混雑が起こりやすい

プロバイダとはインターネットへの接続を代行する業者のことです。
インターネット接続には許可がいるので個人で勝手に行うことが出来ません。

そこでプロバイダと契約をして一般ユーザーがインターネットへの接続をする
ということになるのですが・・・

プロバイダの設備にも限界があり、多くのユーザーが一度に同時にインターネットに
接続することが難しいのです。

大手プロバイダなら接続設備の増設も可能ですが、当然契約ユーザーも多く
結果として他のプロバイダとあまり変わらないということに。

So-netも古くからパソコンの回線接続サービスを提供するプロバイダです。
人気もあり、多くのユーザーが契約をしている大手プロバイダでもあります。

つまりSo-netで契約しているユーザーが多く集まる夜間などの時間帯では
激しい混雑があり、インターネット接続に時間がかかるようになります。

これが通信速度の遅くなる原因だと考えられています。

ただし、それでもSo-netの場合は下り40Mbps程度の通信速度がでていた
という意見もありました。

それが更に遅くなってしまうのはドコモ光が始まったためと言われています。

ドコモ光の開始でユーザーが光回線に集まるようになった

ドコモ光とはフレッツ光回線を使ったサービスで、ドコモが提供しています。
特典としてドコモのスマホの月額料金が安くなるというメリットがあります。

フレッツ光の回線利用料金とプロバイダ料金をセットにしてお得にする、というのが
基本的な光コラボの特徴です。

でもそれだけではなく、提供元は様々な特典を用意して顧客を集めています。
ドコモ光の場合は、ドコモのスマホで使っているデータ定額パックの割引ができます。

携帯キャリア3社の中でもドコモユーザーはとても多く、そのスマホの月額料金が
割引になるというのはとても魅力的です。

そこで今まで固定回線、フレッツ光にあまり興味のないドコモユーザーまで
ドコモ光に加入してフレッツ光を使うようになったというのも混雑の原因です。

まあドコモ光に加入した人のほとんどがSo-netに入った、というわけではないので
実際のユーザーの増加はそれほど大きなものではないかもしれません。

でも地域によってはかなり大きな混雑になり、通信速度が大きく落ちる原因になった
と考えられるのです。

So-netの通信速度を快適にするv6プラス

この様に口コミでも遅いと評価が出てしまうSo-netですが、この通信速度を
快適にすることができるサービスがあります。

それがv6プラスです。

簡単に説明すると今まで使っていた通信方式のIPv4では混雑による速度低下を
回避できないので新しい通信方式を開発しました。

それがIPv6方式という通信方法です。
ただしIPv6 IPoE方式ではIPv4 PPPoEと互換性がありません。

そこでIPv6とIPv4それぞれの通信方式に互換性をもたせた通信方法の
IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式という通信が出来ました。

これがv6プラスで使っている方式で、どんなサイトでも快適に見ることが出来る
通信方法ということになります。

IPv6 IPoE方式では対応しているサイト以外は通信速度が向上しません。
というか接続することも出来ないのです。

この問題を解消して接続可能にするだけではなく、通信速度の向上も期待できる
という方法がIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信なのです。

実際にIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信はいろいろな種類があって
その1つがv6プラスなのですが。

ではSo-netも使っているこのv6プラスというサービスをもう少し詳しく
確認してみることにします。

So-netを通さずにインターネット接続をするのがv6プラス

実はv6プラスを提供しているのはSo-netではなく、ネイティブ接続業者の
JPNEという会社です。

そしてv6プラスを使った場合、So-netを通らずにインターネットへ接続する
ということになります。

インターネット接続のためにはプロバイダを通る必要があるのですがJPNEは
IPv6方式の通信でネット接続する専門のプロバイダというところでしょうか。

IPv6方式の通信の特徴として、プロバイダで行うような認証が無い。
つまりプロバイダで足止めをされずにそのままインターネット接続できるのです。

元々So-netを通らずにネット接続するのでプロバイダの混雑は関係ありません。
しかも認証をスルーできるので接続までの時間も早いです。

これが出来るv6プラスならSo-netがどんなに混雑していても関係なくネットへの
接続ができるので通信速度の向上にかなりの期待ができるのです。

実際にどれくらいの通信速度になるのか、口コミなどを調べてみます。

混雑する時間帯のSo-netでも下り100Mbpsを超える通信ができる

実際にv6プラスを使っているというユーザーの口コミでは下り400Mbpsという
かなりの通信速度を記録できたという報告もありました。

元々インターネットの通信速度はその時の状況、時間帯などに大きく左右される
と言われていますがそれでもかなり速いと思います。

マンションタイプでやはり通信速度が出にくいという方の口コミでも混雑時に
下り80Mbpsがでたという報告がありました。

以前のSo-netの口コミでは混雑時の下り速度は1Mbpsも出ないと言われたのが
かなり快適な通信速度になっています。

まあこの通信速度がどんな状況でも出るのか、と言われると断言はできません。
でも通信速度が高くなる可能性は十分にあると思います。

当然So-net以外のプロバイダでも、ドコモ光対応以外でもv6プラスを
提供しているところはあります。

そこでも十分に通信速度の改善は期待できると思います。
ただドコモ光のようにユーザーが多いところのほうがその効果は実感しやすいかと。

So-netの無料レンタルルーターはv6プラスにピッタリ

こんな使いやすい、高速通信に期待できるv6プラスを使うためには何をすれば
いいのでしょうか。

基本的にはプロバイダから申し込み、または自動的に適応されるので対応プロバイダと
契約することが必要です。

一般的なVNEは通常のプロバイダ業務を行っていないのでSo-netのような
プロバイダと契約をして、そこからv6プラスを申し込むということになります。

一部例外としてプロバイダがVNEとして登録しているBIGLOBEやOCNでは
v6プラスではない独自のIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式サービスを提供しています。

なぜv6プラスを使うのに普通のプロバイダと契約が必要なのかはv6プラスが
IPv4 PPPoEと互換性がある通信方法のためです。

簡単に説明すると今までの通信方法にしか対応していないサイトに接続するためには
So-netなどプロバイダから提供される情報が必要です。

VNEではプロバイダからその情報を借りて通信をするので、やはりプロバイダとの
契約は必要になります。

それとプロバイダの認証をせずにネット接続するため、ルーターにその機能の
パススルーという機能が必要になります。

これが使えるルーター、というだけでは動かない可能性もあるので動作確認が
行われているv6プラス対応ルーターを使う必要があります。

ここで注目したいのがSo-netの新規加入キャンペーンで使える無料レンタルの
Wi-Fiルーターです。

こちらのルーターはv6プラス対応なのでレンタルしてすぐにv6プラスでの
ネット接続に対応することが出来るのです。

しかも無料出レンタルできるのでコストもかからず、性能的にも問題なく
快適に使える特典としておすすめしやすいです。

So-netのプロバイダとしてのサービスも普通に対応してくれる

ドコモ光の対応プロバイダにはSo-netの他にもv6プラスを使えるところは多く
そちらと比べるとSo-netはどうなのでしょうか。

基本的なサービス面でいうと、他のプロバイダと比べて劣っているところは無く
普通に使うには何も問題ないと思います。

新規加入キャンペーンとしてキャッシュバックがあり、無料レンタルルーターがあり
セキュリティソフトの24ヶ月無料利用ができるなど豊富な特典があります。

サポート対応は人によって評価が違うのですが、飛び抜けて対応が悪いという
評判は聞いていません。

ドコモ光の対応プロバイダではタイプAに属しているので月額料金も安いほうです。
大きなデメリットに感じるようなところは無いと思います。

元々So-netが古くから回線接続サービスを提供しているプロバイダです。
しかもSONY系列の会社なのでサービスに関しても問題ありません。

ドコモ光のプロバイダとして選ぶなら問題ないと思います。

So-netはv6プラスがあるからおすすめしやすい

では実際にドコモ光のプロバイダとしてSo-netはおすすめできるのか?
以前なら通信速度が遅いという口コミが多いのでかなり悩ましいところでした。

So-net自体人気のあるプロバイダなので多くのユーザーが集まっています。
しかもドコモ光で使われるならさらにユーザーが集まることも予想できます。

その状態ではプロバイダの混雑がとても激しく、やはりまともにインターネットへの
接続ができない通信速度になるということも考えられました。

でも今はv6プラスのサービスが提供されています。
これを使えばドコモ光のマンションタイプでも問題なく快適にネットができます。

通常10Mbpsもあればインターネットのほとんどのサイトを快適に使えると言われていて
20Mbpsなら高画質動画も問題なくストリーミングで見ることが出来る速度です。

今までのSo-netではこんな通信速度を出すことは難しいのですが、今なら下り50Mbpsは
簡単に出せると思います。

それを可能にするv6プラスの提供があるのでSo-netはドコモ光でもおすすめしやすい
プロバイダと言えます。

質問サイトでもSo-netの速度改善方法を聞く人が多い

知恵袋などのユーザーの質問サイトを見ても、ドコモ光でSo-netを使っている人の
速度改善に関する質問は多く見られました。

やはりドコモ光でフレッツ光回線を新しく使った人はどんどんユーザーが増えてくると
通信速度が遅くなるという自体に困ってしまうようで。

質問サイトでプロバイダの乗り換え先を聞く、という人を多く見かけました。

そんな人への回答としてプロバイダの乗り換えを勧める人もいるのですが中には
v6プラスをおすすめする人も多くいました。

So-netの場合はv6プラスを導入したのも遅いので、新規加入時に使えなかった
というユーザーも多くいます。

その人達がv6プラスを使うためにはあとから申し込みが必要になります。
当然対応ルーターなども用意する必要があるのですが。

今現在So-netの通信速度が遅いと感じているならまずはv6プラスを試してみる
という方法は私もおすすめします。

-so-net

Copyright© ドコモ光【速いプロバイダ】調査結果100 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.