biglobe

ドコモ光のプロバイダにBIGLOEを選ぶと通信速度はどうなる?

投稿日:

BIGLOBEのIPv6オプションなら速度が速くなるのでおすすめ

ドコモ光は多くのドコモユーザーが望んで待っていた光コラボです。
ドコモのスマホが安くなるサービスがとても注目されています。

特徴としてプロバイダを選べるのですが、どこを選んだらいいか迷っている
という方も多いと思います。

色々調べてみるとかなり多くの意見があるのですが・・・
私は大手のプロバイダ、BIGLOBEもおすすめできると思います。

BIGLOBEはかなり昔から通信サービスを提供しているプロバイダの1つで
日本国内でも大手プロバイダと言われています。

口コミを見ると通信速度が遅いという意見もあるのですが、それは解消する
方法があります。

サービス面でも大きな不満はなく、サポートもしっかりしています。
プロバイダとして使いやすいと思います。

ドコモ光では20社以上のプロバイダから選んで契約が出来るのでBIGLOBEを
選ぶ理由というのも探してみたいと思います。

ドコモ光でのBIGLOBEのサービスは普通

まずはドコモ光でBIGLOBEをプロバイダに選んだ場合のサービス内容について
確認してみることにします。

ドコモ光では対応しているプロバイダをタイプAとタイプBに分けています。
それとは別に好きなプロバイダを選ぶ契約もありますが今回は割愛します。

BIGLOBEはタイプAに分類されています。
このタイプの違いは月額料金の違いだけです。

戸建の場合タイプAでは月額5,200円ですがタイプBは5,4000円。
マンションでも同じく月額4,000円と4,200円なので200円ほど違います。

どちらもフレッツ光回線を使っているので通信に関する違いは基本的にはなし。
まあプロバイダによってサービス内容に違いがあるのですが。

ドコモ光を選ぶ時に月額料金が200円安いというのは確かに魅力ですが
タイプAのプロバイダだけでも20近くあるのでBIGLOBEだけの魅力ではありません。

利用できるサービスとしては出張サポート、セキュリティソフトの提供など
一般的なプロバイダのサービスは利用できます。

大手プロバイダなら当然のサービスですが、初心者にとってはあると安心出来る
というサービスも多くあります。

ただしこの辺りは大手プロバイダならあって当然というサービスです。
私が気になるのは通信速度に関するサービスが有ることです。

BIGLOBEにはIPv6オプションがある

以前のBIGLOBEの口コミなどを調べてみると夜間など人が集まる時間帯には
かなり通信速度が遅くなるという意見がありました。

まあBIGLOBEに限らず大手プロバイダの場合、ユーザーが多いために混雑する
時間帯にはどうしても通信速度が遅くなるという状況でした。

元々インターネット回線は周囲の状況などでも通信速度が変わります。
それは安定していると言われる固定回線でも変わりません。

ただひどい状態だと下り速度が1Mbpsに届かないという口コミもありました。
光回線を使ってこの通信速度はちょっとひどすぎると思います。

そんな状況ならBIGLOBEをおすすめするのは難しいのですが、これに関しては
IPv6オプションを使えば解消できる可能性が高いです。

IPv6オプションは次世代通信規格のインターネット接続サービスで、通信速度が
かなり改善される期待が出来ます。

回線速度改善に期待ができるIPv6オプションについてもう少し詳しく
確認をしてみます。

BIGLOEBがVNEとして接続するのがIPv6オプション

インターネット回線の通信速度を高めるサービスとして注目されているのが
IPv6方式の通信です。

今まではIPv4 PPPoEという方式の通信をしていましたが、これでは混雑による
通信速度低下がどうしても起きやすい状況です。

さらにIPアドレスの枯渇問題もあり、新しい通信方法の開発が続けられていました。
それがIPv6 IPoE方式という通信方法で完成します。

IPv6接続専用のネイティブ接続業者を使うことでプロバイダの混雑を回避して
インターネット接続ができるという方法です。

ただし問題点としてはIPv6方式に対応したサイト以外は以前の通信方法で
接続をするという事になります。

つまりIPv6に対応したサイト以外では通信速度の向上が期待できないということに。
そこでさらに新しいIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式という通信が開発されました。

このIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式では今までの通信方法と互換性があるので
IPv6に対応していないサイトを見る場合にも速度の向上が期待できるのです。

このIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信を行うのはネイティブ接続業者
VNEと呼ばれる業者なので普通のプロバイダはこのVNEを使うことになります。

でもBIGLOBEはVNE業務が出来るように申請して許可をもらっています。
つまりBIGLOBEがプロバイダとVNEを同時に行っているのです。

そのサービスがIPv6オプションです。
これを使うことで通信速度が大きく改善される期待が出来るのです。

ドコモ光ではBIGLOBE以外にもIPv6方式のサービスが有る

通信速度の改善方法にはBIGLOBEのIPv6オプションが効果的というのは
わかってもらえたと思います。

ではドコモ光のプロバイダ選びにこのIPv6オプションで決められるのか
と言われるとちょっと微妙です。

ドコモ光の対応プロバイダにはVNEを使ったIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の
通信サービスを提供しているプロバイダが他に多くあります。

例えば同じく大手の@niftyやSo-netでは日本ネットワークネイプラーというVNEの
v6プラスというサービスを提供しています。

こちらもBIGLOBEのIPv6オプションと同じで通信速度の向上にはかなり期待ができる
というサービスです。

BIGLOBEのように自社でVNEの認証を取らなくても個別にVNEと契約して
サービスを使えるようになればどんなプロバイダでも使える通信方式です。

つまりIPv6方式の通信サービスはドコモ光のプロバイダとしてBIGLOBEを選ぶ
決め手にはなりにくいと思います。

ただしドコモ光のプロバイダを選ぶ時にIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の
通信サービスをやっているのかは、いい判断材料になります。

ドコモ光でBIGLOBEを選ぶ魅力はルーターの無料レンタル

ではドコモ光のプロバイダとしてBIGLOBEを選ぶ時に魅力に感じるのは
どんなところでしょうか。

BIGLOBEは普通のプロバイダとしてのサービスには定評があります。
サポート体制なども含めて使いやすいプロバイダの1つだと思います。

それ以外に魅力的に感じるところといえば、キャンペーンで行っている
Wi-Fiルーターの無料レンタルでしょうか。

ドコモ光のプロバイダとしてBIGLOBEを選んだ場合、高性能のWi-Fiルーターを
契約期間中無料レンタルできるという特典です。

レンタルできるルーターはNECプラットフォームズのWG1200HP3という商品で
実売価格7,000円くらいで市販されているルーターです。

これを無料でレンタルできる、というのはかなり魅力的に感じました。
それはIPv6オプションを使う場合の必要機材でもあるからです。

BIGLOBEのIPv6オプションはルーターレンタルが必須

通信速度を向上させるためのサービスとしてIPv6オプションに加入するために
必要な機材があります。

元々IPv6方式の通信ではプロバイダの認証を通らずにネット接続させるための
パススルーという機能が必要です。

パススルー機能は通常の終端装置、ONUにはついていないのでルーターを付けて
ルーターの機能を使うということになります。

ちなみにIP電話と分配するためのホームゲートウェイにはパススルー機能があるので
IP電話サービスを使っている場合はルーターの必要がありません。

そしてIPv6方式の通信サービスを行っているVNEでは市販ルーターの動作確認を
行っていて、公式サイトで対応ルーターの発表もしています。

ただBIGLOBEの場合は自社でVNEも行っていて、この対応ルーターの発表を
行っていません。

というかひかり電話のホームゲートウェイかBIGLOBEで貸し出しているルーター以外の
動作保証をしていないのです。

つまりBIGLOBEのIPv6オプションを使う場合にはルーターをBIGLOBEで
レンタルすることが必須ということになります。

レンタル必須のルーターが無料なら余計なコストがかからないのでとても嬉しい
ということになりますよね。

以前はBIGLOBEのレンタルルーターは有料だった

現在は無料でレンタルできるBIGLOBEのルーターですが、実はちょっと前まで
必須のレンタルルーターが有料オプションだったのです。

月額料金は500円、料金的にはそれほど高くないのですがそれが積み重なると
かなりの金額になってしまいます。

しかも通信速度向上のためにはIPv6オプションが必要で、それを契約するためには
必ず月額500円がかかるというのはかなり厳しい状況です。

他のプロバイダではIPv6方式の通信をする場合にもオプション料金がかからないのが
普通で、レンタルルーター必須というところも少なかったです。

まあその場合は自分でIPv6方式対応のルーターを用意する必要があるのでコスト的には
あまり変わらないという気もしますが。

レンタルルーターではないので好きなルーターを選んで使えるというは魅力的ですし
一度購入すれば使い続けられるので長期間使うなら購入するほうがやすいです。

通信速度が速くなるIPv6オプションを途中でやめるというのは考えにくいので
これに関しては不満を持っているユーザーも多くいました。

ただしこれに関してもちょっとした抜け道はあったようで・・・

BIGLOBEは以前v6プラスを提供していた

BIGLOBEはIPv6方式の通信に関してはかなり古くからサービス提供をしていて
ちょっと注目されるプロバイダの1つでもありました。

最初にIPv6方式の通信サービスを提供した時、BIGLOBEはVNEとして登録を
行っていなかったので他のVNEのサービスを使っていました。

それが日本ネットワークネイプラーのv6プラスというサービスです。
こちらはIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式でIPv6オプションと同じ方式です。

そしてこの時にはBIGLOBEではルーターのレンタルサービスを行っておらず
対応商品を購入して使うという方法で契約をしていました。

後からVNEの申請をしてBIGLOBE自身でIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信を
行う時にサービス名をIPv6オプション、としました。

このIPv6オプションにサービスが変わった時にレンタル必須、という条件になるのですが
実際のサービス内容は実はv6プラスとほとんど変わらないのです。

今までv6プラスを使っていたユーザーはそのままサービス継続が出来ましたし
BIGLOBEのIPv6オプションを使う場合にも自己責任で市販ルーターを使えました。

BIGLOBE的にはサービスが変わるので動作保証のないルーターを使っていて
問題が起きても責任を取りませんよ、という立場のようで。

実際にv6プラス対応ルーターを使っている人も、問題なくIPv6オプションで
高速通信が出来たという口コミもありました。

現在はレンタルルーターが無料になったのでこんなリスクを背負わなくても
コストをかけずにIPv6オプションを使うことが出来ます。

BIGLOBEのIPv6オプションの通信速度はかなり速い

では実際にBIGLOBEでIPv6オプションを使っている人の意見を聞いてみます。
今回はドコモ光とは関係なくIPv6オプションの通信速度を調べてみました。

以前のBIGLOBEの通信速度の口コミでは下りの速度が1Mbpsにもならない
というかなり酷評が目立ちました。

でもIPv6オプションを使っている人の意見ではそれとは比べ物にならないほど
快適にインターネットができるという意見が多く見られました。

実際に速度計測の結果をスクショで撮影していた人を見てみると下り380Mbpsを
超える速度が記録されていました。

この通信速度が全ての人で実感できる、とは言いませんが他の人の意見を聞いても
平均して下り100Mbps程度は出せているようです。

当然周囲の状況でも通信速度が変わるのですが、戸建ての人のほうが通信速度は
速くなりやすいという状況のようで。

ただ集合住宅でもかなり快適にネット接続が出来る様になりそうです。
マンションでのIPv6オプションの口コミも確認してみました。

BIGLOBEのIPv6オプションはマンションでも快適

マンションなどの集合住宅では建物1つに光回線1本なので、住民全員で
1つの回線を分け合って使うということになります。

戸建てでも同じ回線で複数のパソコンなどを同時にネット接続すればそれぞれの
通信速度が落ちることになります。

それが建物全体で起きるので基本的に集合住宅では通信速度は遅くなりやすい
と考えられています。

でもBIGLOBEのIPv6オプションならマンションで使っていても下り80Mbps程度の
通信速度がでたという口コミがありました。

下り20Mbps程度あればどんな高画質動画でも止まること無くストリーミングで
見ることが出来ると言われています。

混雑時にでも下り50Mbpsでているという意見もあるので、集合住宅でも問題なく
快適な通信速度になるようです。

ドコモ光のプロバイダとしてBIGLOBEはおすすめしやすい

通信速度に関する問題がないことがわかったところでドコモ光のプロバイダとして
BIGLOBEはおすすめなのか、という問題について。

私の意見を言えばドコモ光のプロバイダとしてBIGLOBEはおすすめできます。
通信速度が快適になる可能性は高いのでこれに関しては以前の口コミは気にしません。

しかも無料レンタルでルーターが借りられるので余計なコストをかけずに高速通信が
出来るようになります。

ドコモ光の対応プロバイダで無料レンタルルーターを行っているところは少ないので
コスト面から見てもおすすめできます。

元々大手プロバイダなのでサポート体制もしっかりしていますし、有料オプションで
出張サポートなども利用することが出来ます。

ドコモ光のタイプAプロバイダなら月額料金は変わりませんので、サービス面で
考えるとかなりおすすめのプロバイダがBIGLOBEとなります。

知恵袋でもBIGLOBEのIPv6オプションをおすすめする人が多い

ユーザーの質問サイト、Yahooの知恵袋を見てみるとドコモ光のプロバイダ選びについて
質問しているユーザーを多く見つけました。

まあ確かにドコモ光のプロバイダ選びについては人の意見を聞いてみたいと言うのは
よくわかります。

そこでどんな回答があるのかを調べてみると、サービス面では大手プロバイダを
おすすめしている人がおおくみられました。

後は通信速度に関してですが、こちらもやはりIPv6方式の通信サービスを
提供しているプロバイダをおすすめする人が多いようで。

当然BIGLOBEも選択肢に入っているという回答者も多く、ドコモ光の
プロバイダ選びにはIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信は欠かせません。

知恵袋の回答でも私と同じ様にドコモ光のプロバイダとしてBIGLOBEを
おすすめしている人は多いように感じました。

-biglobe

Copyright© ドコモ光【速いプロバイダ】調査結果100 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.