GMO

ドコモ光からGMOとくとくBBに加入するとキャッシュバックをいつもらえる?

投稿日:

GMOとくとくBBのドコモ光加入のキャッシュバックは受け取りが5ヶ月後

多くの人が注目している光コラボの一つにドコモ光というサービスがあります。
光コラボとはフレッツ光回線を使ったインターネットサービスの1つです。

今までのフレッツ光とプロバイダの月額料金を合わせた金額よりも安くなるサービスで
多くのプロバイダなどがサービス提供をしています。

その1つがドコモ光なのですが、こちらにするとフレッツ光の月額料金とは別に
ドコモのスマホの月額料金も安くなるというメリットがあります。

ただドコモ光の場合、選べるプロバイダが20社以上と多いのでどこを選ぶのかが
悩ましいところでもあるのですが・・・

気になるのはGMOとくとくBBというプロバイダで、こちらでは高額な
キャッシュバックもらえることでも有名です。

調べてみるとGMOとくとくBBに加入した場合、申し込みから5ヶ月後には
キャッシュバックの受け取りができるそうですが・・・

キャッシュバックの受取金額やその方法についてはちょっと気になる噂も。
そもそもドコモ光のプロバイダとしてGMOとくとくBBはおすすめできるのか。

まずはGMOとくとくBBのキャッシュバックについてもう少し詳しく
調べてみることにします。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは最大15,000円

公式サイトを見てみると、ドコモ光のプロバイダとしてGMOとくとくBBを
選んだ場合にもらえるキャッシュバック金額は最大15,000円でした。

以前のフレッツ光加入のキャンペーンではかなりの高額キャッシュバックがありましたが
それに比べるとちょっと少ないという印象です。

でも15,000円なら十分に高額と言える金額かと。
これだけもらえれば使い勝手もかなりいいと思います。

ただしこの金額、最大ということでもらうためには条件があります。
それがドコモ光の2年契約と同時にドコモひかり電話バリューに加入すること。

調べてみるとドコモひかり電話バリューとはひかり電話に色々なオプションを付けた
IP電話のセットオプションのことでした。

当然有料オプションで月額1,500円という料金が必要です。
ちなみにひかり電話単体だと月額500円です。

セットになっているオプションは通話中発信、転送電話、発信者番号表示
ナンバーリクエスト、迷惑電話ストップサービス、着信お知らせメールです。

これら全てのオプションを付けると通常は月額2,200円になるそうです。
これが月額1,500円ならまあ安いと言えると思いますが・・・

通常のドコモ光の2年契約だけの場合はキャッシュバックが5,500円になります。
こちらの場合は1ヶ月分のドコモ光の月額料金がタダになる程度でしょうか。

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額に関してはちょっと注意が必要のようです。

GMOから4ヶ月後にメールが届き、その翌月にキャッシュバック振込

ではキャッシュバックの受け取りについても確認してみましょう。
キャッシュバック条件を満たしている場合は4ヶ月後にGMOのメアドにメールが来ます。

プロバイダとしてGMOとくとくBBを選んだ場合、プロバイダから1つメールアドレスを
もらうことができます。

そちらのメアドにGMOとくとくBBからキャッシュバック特典の受け取りについて
という内容のメールが届きます。

そのメールにはキャッシュバック受け取り口座の指定に関する内容が記載されていて
専用のURLに行くことができる様になっています。

そちらから振込口座を指定することでキャッシュバックの受け取りができます。
実際に振込されるのは口座を指定した翌月になります。

つまりGMOとくとくBBをドコモ光から加入した場合のキャッシュバック受け取りは
5ヶ月目ということになります。

キャッシュバックの受け取りと考えるとそれなりに早くもらえるという印象です。

GMOとくとくBBのキャンペーンではWi-Fiルーターレンタル無料が魅力

ではドコモ光のプロバイダにGMOとくとくBBを選んだ場合の他のキャンペーン特典も
確認してみることにします。

公式サイトで大々的に発表しているのはドコモのdポイントプレゼントキャンペーンで
こちらは最大30,000円分のポイントをもらうことができます。

元々dポイントはほぼ現金と同じ様に使えるドコモのポイントで、通常ポイントなら
ドコモの月額料金支払いなどに使えます。

東日本での加入なら20,000ポイント、西日本なら30,000ポイントというプレゼントが
利用できますが、こちらは特別ポイントなので利用できるところが限られます。

しかもGMOとくとくBBだけのキャンペーンではないので他のプロバイダでも
もらうことが出来るポイントです。

GMOとくとくBBならではの特典として魅力的に思ったのはWi-Fiルーターの
レンタルが無料で出来ること。

性能的にもそれなりにいいWi-Fiルーターが契約期間中ずっと無料でレンタルできる
というのはかなり魅力的に感じました。

そしてこのWi-Fiルーターは次世代通信規格のサービスを使うためにも必要になる
機材なのでレンタルできるのはちょっと嬉しいのです。

GMOとくとくBBではv6プラスの利用が出来る

GMOとくとくBBの特典という意味ではちょっと違うのですが、ドコモ光に参加する
プロバイダでも魅力的なのが次世代通信規格のサービスを提供していることです。

現在のIPv4 PPPoEという方式の通信では現状のプロバイダの混雑に対応することは
ほとんどできません。

このプロバイダの混雑を解消し、IPアドレスの枯渇問題も解消できる注目の
次世代通信規格のサービスがIPv6 IPoEという方式の通信です。

ただこちらはIPv4との互換性がないので使いにくいのですが、それを解消し
従来の通信規格と互換性をもたせたIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信が出来ました。

このIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信サービスがv6プラスというサービスで
現在多くのプロバイダがv6プラスのサービス提供をしています。

ドコモ光のプロバイダでも複数のプロバイダが提供していますが、その中の1つが
GMOとくとくBBなのです。

そしてv6プラスを使うためにはIP電話を使うときのホームゲートウェイか
対応したWi-Fiルーターが必要になります。

市場販売されている対応ルーターを購入してもいいのですが、当然コストがかかります。
でもGMOとくとくBBならその対応ルーターを無料レンタルできるのです。

コストがかからずにv6プラスを使えるというのはかなり魅力的に感じました。

GMOとくとくBBの口コミ評価が悪いのはWiMAX2+のせい

では実際にドコモ光のプロバイダとしてGMOとくとくBBはどうなのか。
口コミ評価を調べてみると、かなり評判が悪いことがわかります。

まあインターネット上の意見はかなり多くの種類があるのですが、GMOとくとくBBに
関してはかなりの酷評をしている人もいました。

その理由を調べてみると「キャッシュバックをもらえる時期が遅い」という意見を
多く見かけました。

でもドコモ光の新規加入キャンペーンに関しては振込完了まで5ヶ月と
それほど長いと感じません。

メールが届いて振込先を指定するまでは4ヶ月なのでかなり短い印象です。
もらい忘れがあるという感じはしませんが・・・

これには理由があって、実はキャッシュバック受け取りまで時間がかかるのは
別の通信サービスのWiMAX2+のプロバイダとして選んだ場合でした。

WiMAX2+とはモバイルルーターのサービスで、全国規模で展開されている
屋外でも使えるインターネット回線のサービスです。

スマホと同じ様に電波を使ったインターネット回線サービスなので電波受信が出来る
モバイルルーターという端末を使うことで屋外でもネット接続が可能になります。

モバイルルーターにはWi-Fi機能があるのでスマホやタブレットPCなどWi-Fi対応の
端末ならどこでもネット接続が出来るようになる、という魅力があります。

GMOとくとくBBではこのWiMAX2+回線のサービス提供もしているのですが
こちらのキャンペーンの受け取りには12ヶ月かかってしまうのです。

ドコモ光では4ヶ月で届いたメールが11ヶ月目とかなり遅く届きます。
その翌月に指定口座に振り込みなのでもらえるまで1年間かかるのです。

GMOとくとくBBというプロバイダにはこの印象がとても強いようで、ドコモ光でも
キャッシュバックがもらえるまで時間がかかるという印象があるようです。

GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取りは専用サイトにログインが必要

では実際にGMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取る方法の確認をしてみます。
これは大体どのサービスでも同じ方法で出来るようです。

ドコモ光のキャンペーン、WiMAX2+のキャンペーンどちらの場合でもGMOから
キャッシュバック口座指定に関するメールが届きます。

このメールにはキャッシュバック受け取り口座の指定に関する説明があり
その受取口座の指定をするための専用サイトのURLが書いてあります。

メールからそのURLに移動した場合、GMOとくとくBBのログインが必要で
これは会員サイトへのログインと同じIDとパスワードです。

忘れた場合はGMOとくとくBBに加入した時に届いた郵便物に記載があります。
そちらで確認しましょう。

専用サイトにログインできたらやっと受取口座の指定が出来るようになります。

ドコモ光のキャッシュバックはセット割対象の電話番号も必要

ここでドコモ光のキャッシュバックを受け取る場合の方法について確認してみます。
専用サイトにアクセスすれば何のキャンペーン受け取りかはすでに表示されているはず。

ちなみにこの振込口座指定の入力フォームにはユーザー名に記入もあるのですが
IDの入力をしているので大体すでに記入が終わっていると思います。

そしてドコモ光の新規加入キャンペーンでGMOとくとくBBのキャッシュバックを
受け取る場合には必要な記入事項があります。

それが「ドコモ光のセット割の対象になるドコモ携帯電話番号」です。
受取口座の他にこれも記入する必要があります。

後は普通に振込に利用する金融機関名と口座番号などの記入になります。

ちなみに振込口座の指定を間違えると再度手続きが必要になり、その分の手数料が
キャッシュバック金額から差し引かれることになります。

キャッシュバック金額を減らさないためにもきちんと確認をしてから送信しましょう。
そしてこの口座に振込がされるのは翌月の最終営業日になります。

ドコモ光の場合は4ヶ月目にメールが届くのでその翌月の5ヶ月目に振込が
行われるということになります。

GMOとくとくBBのサポートについては厳しい意見が多い

キャッシュバックの振込の時期についてはわかったので、後はサポートについての
口コミなども確認してみます。

ドコモ光のプロバイダとしてGMOとくとくBBを選んだ場合の評判としては
かなり厳しい意見が多いという印象でした。

ドコモ光のキャンペーンとしてGMOとくとくBBのキャッシュバックは魅力的です。
受け取り時期もそれほど遅くはありません。

受け取り方法に関するトラブルが多いというのが気になるところですが。
特に多いのがメール送信がされないというトラブルです。

これは一応サポートダイヤルに電話することで再送信してもらえるのですが
そのサポートダイヤルにつながらないという意見も多いのです。

しかもサポートダイヤルが無料ではないので通話料金がかかる。
それなのにつながらないという不満がとても大きくなっているようです。

大手プロバイダのサポートを受けたことがあるユーザーにはGMOとくとくBBの
サポート体制は確かに不満点が多いかもしれません。

GMOとくとくBBはv6プラスを使わないと通信速度が遅い

もう一つ不満点として多く見られたのは通信速度が遅いという意見です。
まあ固定回線は基本的に地域や状況で通信速度が大きく変わるのですが。

口コミでは平日昼間なら下り20Mbps程度の速度が出るが夜間になると
下り2Mbps程度まで落ちるという意見もありました。

さらにひどい状況では下り1Mbpsも出ないという人もいるほどです。
確かに光回線としての通信速度ではないと思うほどの酷さだと思います。

ただこれはv6プラスを利用することで解消できる問題なので、できれば
v6プラスへの加入をおすすめしたいところです。

GMOとくとくBBなら対応のWi-Fiルーターが無料レンタルできるのですし
IP電話を使っているならホームゲートウェイが対応しています。

対応端末を設置してあればGMOとくとくBBの場合は自動切り替えなので
特別に申し込みをする必要もありません。

ただしこの無料レンタルに関してはちょっと注意点が必要になります。
それはレンタルには申し込みが必要になるということです。

GMOとくとくBBはルーターをレンタルしないとv6プラスが使えない

GMOとくとくBBのWi-Fiルーター無料レンタルは新規加入特典ではなく
通常のサービスとして提供されています。

そのために自分で申し込みをして無料レンタルをしなければいけません。
そしてレンタルしなければv6プラスが使えないのです。

普通のプロバイダならv6プラスの申込みが必要で、その時に対応ルーターの
購入やレンタルをする、ということになります。

でもGMOとくとくBBではv6プラスは自動で切り替わるので申込みが必要ありません。
ただしルーターをレンタルするのに申し込みが必要になります。

そしてこのルーターレンタルの申込をしなければv6プラス切り替えがされないので
自分で購入したルーターを使うことがちょっと難しくなります。

レンタル品のルーターを使いたくない、もっと性能の良いルーターを使いたいという
ユーザーにはGMOとくとくBBのサービスはあまりおすすめできないと思います。

ドコモ光のキャッシュバック時期については気にしている人が少ない

口コミやユーザーの質問サイトを調べてみたのですが、ドコモ光のキャッシュバックを
受け取ることが出来る時期に関して質問をしている人が見つかりませんでした。

ドコモ光のキャッシュバックをいつ受け取ることが出来るのか、について気になっている
というGMOとくとくBBユーザーはほとんどいないようです。

それよりもドコモ光のプロバイダとしてGMOとくとくBBを選ぼうと思っている人は
その口コミ評価や通信速度に関しての質問が多く見られました。

まあ実際にドコモ光のキャッシュバックでGMOとくとくBBを使う場合、その条件が
かなり厳しいので最大の15,000円をもらえる人はほとんどいないはず。

受け取りに関してもドコモ光のキャンペーンの場合はメール発送の時期が早いので
あまり気にならない、というところでしょうか。

-GMO

Copyright© ドコモ光【速いプロバイダ】調査結果100 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.