速度測定

ドコモ光はマンションで使うと通信速度が遅くなる?

投稿日:

マンションでもドコモ光は使えるけど通信方式で速度が違う

多くの人が注目している光コラボの一つがドコモ光です。
ドコモのスマホの月額料金も安くなるサービスとしてとても人気があります。

光コラボは基本的にフレッツ光を使ったサービスなので、フレッツ光が設置されている
建物ならどこでも使える可能性はあります。

当然マンションでもフレッツ光が設置されている、設置できる建物ならドコモ光に
加入することが出来るのです。

プロバイダとフレッツ光の月額料金がセットになりちょっと安く使えます。
それに加えてドコモのスマホの月額料金まで安くなるという魅力の高いサービスです。

でも気になるのはドコモ光をマンションで使うと通信速度が遅くなるという意見が多く
インターネットが快適に使えるのか、というちょっとした疑問が。

はっきり言うとマンションの場合、使っている配線方式で通信速度が変わるので
戸建てに比べると通信速度が遅くなる可能性はあります。

ただ確実に遅くなるのか、ということでもなく使っている状況によって通信速度が
かなり違ってくるということになります。

ドコモ光をマンションでつかう場合の通信速度について、詳しく確認してみます。

フレッツ光が設置されているマンションならドコモ光を使える

まずはドコモ光が使えるマンションとはどんなところなのか。
基本的にドコモ光は光コラボなのでフレッツ光が使える建物が条件です。

つまり現状フレッツ光を使うことが出来るマンションなら問題なくドコモ光にも
加入することが出来ます。

ではマンションにフレッツ光が導入されているかを知るためにはどうするか。
これは入居時の説明などで確認してもらうしかありません。

まあ管理人、管理会社などに確認を取ればわかると思いますが・・・
近所の人がインターネットを使っているなら回線名を聞いてみるのもいいと思います。

ブロードバンドのインターネット回線は基本的に一つの建物に1回線のみなので
そのマンションに別の回線が設置されているとフレッツ光が設置できません。

例えば地元のケーブルテレビの回線がすでに設置されている、auひかりやNURO光など
別の光回線が設置されているとフレッツ光は使えません。

ドコモ光をマンションで使う時にはまず設置されている回線の確認をしましょう。

マンションのドコモ光の通信速度は分売している方式で違う

マンションにフレッツ光が設置してあってドコモ光に加入できる、という場合に
気になるのは通信速度です。

集合住宅の場合は先ほど説明したとおり、一つの建物に一つの回線なのでこの回線を
建物で契約している全てのユーザーが分配して使うことになります。

そしてこの建物内での分配方法でドコモ光の通信速度の上限が決まるのです。
さらに言うと使っている人数でも通信速度に影響が出るのですが・・・

基本的にドコモ光の通信速度は上り下りともに1Gbpsです。
まあこれは最高速度、というか理論値の最高速度なのでこんな速度は普通でません。

でも最高速度が高いほうが平均的に通信速度は高くなりやすいので、インターネットでは
この最高速度を見て判断するという人が多いです。

ではこのドコモ光の通信速度がどれくらい、どんなことで変わるのか。
ちょっと詳しく確認してみることにします。

マンション内の分配方式が光配線方式なら通信速度は1Gbps

マンション内での光回線の分配方式には3つの種類があります。
1つは速度低下が無いと考えられる光配線方式です。

インターネット専用の光回線を建物まで設置して、その建物内の配線分配にも
専用の光回線を使っているのが光配線方式です。

マンションの共有スペースにあるスプリッタと呼ばれる分配配線板から各戸に
回線を分配するのですが、その分配配線も光回線を使っています。

比較的新しく出来たマンションで、最初から壁にインターネット専用のコンセントが
設置されているという場合にはこの方式の建物が多いです。

戸建てと同じ様に部屋まで光回線が来ているので部屋の中でインターネット信号を
パソコン用に変換する網終端装置、ONUの設置が必要になります。

インターネット通信に使っている光回線と同じものを使っているので通信速度の
劣化がなく戸建てと同じ様に上り下り1Gbpsという通信速度が期待できます。

光回線はかなり繊細で後から建物全体に設置するのがちょっと難しいと言われるので
この方式を使っているのは大体最初から壁に埋め込まれているマンションが多いです。

この分配方式を使っているマンションなら快適にドコモ光を使える可能性は高い
と思います。

分配にLANケーブルを使うLAN分配方式では速度が100Mbpsになる

次にマンション内の分配にLANケーブルを使うLAN分配方式を確認します。
こちらは集合型回線終端装置をマンションの共有部分に設置します。

大雑把に説明すればマンション全体の回線を共有部分にあるルーターで分配する
ということになります。

分配する時点でパソコンなどで読み取れる信号に変換しているので部屋には何も
設置せずに端末に接続ができます。

ただしこちらの場合は分配にLANケーブルを使っているので光回線よりも
通信速度が遅くなってしまいます。

最高速度が100Mbpsになるので光配線方式と比べると通信速度が遅くなりやすいです。

LAN分配方式も建物を作る時に配線することが多いのでコンセントにLAN差込口が
設置されていると思います。

古いマンションに多いのがVDSL方式の分配

古いタイプのマンション、アパートに多いのがVDSL方式という分配方法です。
こちらは電話回線を使ってインターネット回線を分配している方式です。

LAN分配方式と同じで光回線を共有部分にある集合型回線終端装置で分配する
という形なのですが、分配する回線に電話回線を使うのです。

昔から電話回線なら各部屋まで設置されていることが多いので、新しく工事をする
という必要がありません。

ただ電話回線と同じモジュラージャックからインターネット回線の信号も届くので
これを電話回線と分配するための室内装置の設置が必要になります。

そして使っている分配の回線も電話回線なので通信ノイズが入りやすく通信速度も
あまり高くならないというのが一般的な意見です。

一応通信速度の上限は100MbpsとLAN分配方式と同じ最高速度が出るはずです。
でも光回線に比べるとやはり通信速度は遅くなってしまいます。

マンションの場合は一つの回線を利用者全てで共有するので分配が必要になります。
その分配の方式でも通信速度が変わる可能性があるのです。

マンションは一つの回線を分けているので速度が遅くなりやすい

建物で使っている配線方式によって通信速度の最高速度が変わることがわかりました。
ではマンションの通信速度の違いとはそれだけが原因なのでしょうか。

先程から説明しているとおりにマンションなどの集合住宅では、建物にひとつだけ
ブロードバンド回線を設置することが出来ます。

つまり一つの回線を複数の部屋で分配して使うので、戸建てなどの一つの回線で
使う場合よりも通信速度が遅くなります。

戸建の場合でもWi-Fiルーターなどを使って複数の端末を同時にネット接続すれば
それぞれの端末の通信速度が遅くなるのはわかりますよね?

例えばスマホとタブレットPCとパソコンと家庭用ゲーム機を同時にネット接続すれば
それぞれの通信速度は1台で使っているときよりもかなり遅くなります。

集合住宅ではこれと同じ状況が建物全体で起きている、ということです。
まあ他に使っている人がいなければ通信速度の低下はないのですが。

基本的にマンションなど集合住宅の場合は通信速度が遅くなる可能性は高い
というのが一般的な考え方です。

マンションの1室で回線を独占すると他の部屋では通信速度が上がらない

マンション内のトラブルとしてたまに聞くのが回線を独占している部屋があって
他の部屋の通信速度が上がらなくなっている、というトラブルです。

例えばP2Pを使ったファイル交換ソフトを使っている場合、常時インターネットへの
接続をしている状態です。

戸建の場合は光回線が1軒に1回線なので独占していても問題はないのですが。
マンションの場合はずっと繋ぎっぱなしだと他の部屋がネット接続できなくなります。

回線切断されるということはないのですが、どうしても他の部屋でインターネットへの
接続速度が遅くなってしまいます。

しかもマンションの場合はどこの家庭で回線独占をしているのかは分からないので
トラブル解消の方法もない、というのが大きな問題点になっていました。

まあマンションの場合は一つの部屋で回線独占をしていなくても同時に多くの部屋で
ネット接続をすれば通信速度はかなり遅くなってしまうのですが。

では実際にどれくらいの通信速度になっているのかも確認してみましょう。

口コミではマンションの通信速度はとても遅くなる

口コミで実際にフレッツ光を使っているユーザーの通信速度がどれくらいなのか
マンションで使っている方の評判を調べてみることにしました。

一応ドコモ光に限らずフレッツ光での通信速度を調べてみると、ひどい場合には
かなりの低速になってしまうということも多いようで。

夜9時以降の時間帯になると通信速度が下り1Mbps以下になった、という口コミを
見つけることが出来ました。

実際に速度計測の写真も確認しましたが下り600Kbpsという計測結果の写メが
口コミと一緒に掲載されていました。

この通信速度では動画配信どころか普通のブラウジングにも影響するほどの
通信速度だと思います。

中には光回線がおそすぎて、夜間はスマホのテザリングを使っているという
口コミもあるほどです。

マンションで光回線の通信速度が遅くなってしまう場合、状況によっては
まともにインターネットが使えない通信速度になることもあるようです。

ドコモ光はマンションで通信速度が遅くなりやすい

もう一つ、ちょっと気になる口コミがありました。
それは「ドコモ光にすると通信速度が遅くなる」という評判です。

一応サービス的にはフレッツ光を使っている光コラボなので通信速度は
フレッツ光と変わらないはず。

ドコモ光には対応プロバイダが複数あるので、今まで使っていたプロバイダのまま
フレッツ光からドコモ光に乗り換えても通信速度は変わらないはずなのです。

使っているインターネット回線もプロバイダも同じものなら通信速度が変わる
理由が無いはず。

ただしそもそもドコモユーザーが多くいる状況でドコモ光という割引ができる
光回線のサービスが提供されると当然加入するユーザーが多くなります。

集合住宅で多くの人が一度にドコモ光に加入すればそれだけ海鮮を使う人が
多くなって通信速度が落ちるという状況は多くなります。

それ以外では通信速度に大きく影響を与える状況というのは考えにくいので
やはりプロバイダの問題になると思います。

つまりドコモ光にして遅くなった、と感じる人はドコモ光に乗り換えた時に
プロバイダを変更した人だと思います。

実際に同じフレッツ光回線を使っていてもプロバイダによって通信速度が変わる
という状況はよくあります。

プロバイダ自体の処理機能や地域のユーザー数で通信速度が遅くなる可能性はあり
プロバイダ選びはとても重要なものだと考える人も多いです。

ただプロバイダを変更していなくてもドコモ光によって通信速度が変わったと
感じるユーザーもいます。

それがOCNをプロバイダに使っていた人たちです。

ドコモ光が始まってOCNはかなり混雑が激しくなった

ドコモ光のサービスが始まった時に、今まで固定回線のプロバイダ業務を
提供してなかったドコモでは新しくドコモ.netというサービスを開始しました。

こちらはドコモが提供するプロバイダサービスと思われていますが実は違って
実際の業務は系列会社のOCNが行っています。

そしてドコモショップでは新規でドコモ光に加入する人に対してドコモ.netを
おすすめしていました。

固定回線にあまり興味がなくてもドコモのスマホが安くなる、ということで
ドコモ光に加入した人の多くがドコモショップから加入しています。

つまりOCNでは急激にユーザーが増加するという状況が続くことになり
それが原因でOCNでは通信速度が遅いと感じる人が増えたと言われています。

日本でも最大級のプロバイダと言われているOCNですが急激なユーザー増加に
対応しきれずに通信速度に関してはかなり不満がでたようです。

ドコモ光にはIPv6対応プロバイダも多い

ドコモ光ではユーザー増加に関する通信速度の低下が起きやすいというのも事実ですが
それを回避する方法もあるのです。

それは次世代通信規格と言われるIPv6方式の通信サービスに対応しているプロバイダが
多くあるということです。

簡単に説明するとIPv6方式の通信でもIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスを
使えばプロバイダの混雑を気にすること無くインターネットが使えます。

ただし新しい通信方式なので対応しているプロバイダが限られてしまっています。
サービス提供をしていないプロバイダも多いのです。

でもドコモ光の対応プロバイダの中にはこのIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の
通信サービスを提供しているプロバイダが多くあります。

そこを選んで契約すればユーザー増加による通信速度の低下を気にすること無く
マンションでも快適にインターネット接続が出来るようになります。

実際にマンションでIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスを使っている人の
口コミを調べてみると下り100Mbps以上の速度が出ている人がおおくいます。

これが混雑時にもあまり通信速度が変わらないという状況なので、かなり快適に
高画質動画なども楽しむことが出来ているようです。

マンションでは特にユーザーの混雑による通信速度の低下が激しいと思うので
IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信サービスはかなりおすすめです。

質問でもマンションの通信速度を気にする人が多い

知恵袋などのユーザーの質問サイトを見てみると、実際にマンションでドコモ光を
導入するのに選ぶプロバイダについての質問が多く見られます。

確かにプロバイダ選びが重要なのも、選び方が難しいのもわかるのですが
これに関してはあまり他人の状況が参考にならないというのも現実です。

地域によってプロバイダの混雑と通信速度の低下状況は違いますし、それは
同じ県内、同じ町内でも変わってくる可能性はあるのです。

まあはっきり言うと「使ってみるまでわからない」ということですが、それでは
かなり博打要素が強くなってしまいます。

そこで質問の回答者もやはり最近のIPv6関係のサービスを提供しているプロバイダを
おすすめしていることが多いように感じました。

多分、現状でマンションのインターネットを快適に使うことが出来る方法として
一番確実なのがIPv6方式の通信サービスを使うことです。

100%確実な方法ではないのですが、ドコモ光をマンションで使おうと思うなら
IPv6方式のサービスを行っているプロバイダを選ぶことをおすすめします。

-速度測定

Copyright© ドコモ光【速いプロバイダ】調査結果100 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.