スマホの料金を安く

ドコモの料金プランで安くするために選ぶべきプランとは?

投稿日:

ドコモの新料金プランに変更するのは考えてからのほうがいい

スマホキャリアの中でもドコモを使っている人は今でも多くいると思います。
そういう私もドコモユーザーなのですが、スマホの月額料金って高くないですか?

サブ回線として格安SIMも使っているのですが、そちらと比べるとドコモのスマホは
かなり月額料金が高いという印象です。

料金プランもちょっとわかりにくく、現在行政からも注意がされている状況ですが。
そんなドコモのスマホ利用料をどうにか安くできないかと考えてみました。

ちょうどドコモから新料金プランが発表になり、お得に使える用になったという噂も
聞こえてくるのですが・・・

以前から契約しているパケット定額パックが新しくなり、従来の定額パックは
新規加入申し込み受付がなくなりました。

契約している人はそのまま使い続けることができるのですが、新料金プランに
変更してしまうともとに戻すことができません。

そしてこの新料金プランは全てのユーザーがお得になる、という料金プランでは無い
ということがわかりました。

ドコモのスマホを安く使うための方法と合わせて、新料金プランへの変更を
おすすめできる人、できない人を確認してみましょう。

ドコモの料金体系は基本プラン+データパック+プロバイダ料金

まずはドコモの料金体系を確認してみます。
スマホの場合は基本プラン+データパック+プロバイダ料金が基本です。

基本プランは通話をするための料金プランです。
国内通話が24時間無料になるカケホーダイだと月額2,700円です。

まあ最近通話をそんなに多くするという人は少ないと思うので大体カケホーダイライト
もしくはシンプルプランの契約が多いかと。

シンプルプランなら家族内の通話だけが無料で月額980円と使いやすい料金です。
ちなみにカケホーダイライトは5分の通話が無料で月額1,700円です。

プロバイダ料金はSPモードのことで、これに加入しないとドコモのキャリアメールを
送受信できなくなります。

SPモードは月額300円で、必ず加入が必要です。
そしてデータパックを選ぶことになるのですが・・・

現在申し込みできるのはベーシックパックとウルトラデータLパックに
ウルトラデータLLパックとなっています。

この新しく始まったベーシックパックについて確認をしてみます。

ベーシックパックは段階式定額のドコモの新しい料金プラン

今までのドコモのスマホはデータSパックから全てデータ定額パックでの
提供が行われていました。

つまりデータ通信ができる容量を自分で決めて契約して、毎月その料金を
支払っているデータ定額パックの容量だけパケット通信ができるというプランでした。

データSパックは2GBが上限、データMパックは5GBでウルトラデータLパックは
20GBとなっています。

この中でデータSパックとデータMパックの提供が無くなりベーシックパックという
新料金プランが提供されています。

ベーシックパックの特徴は使ったデータ通信容量によって料金が変わること。
段階式定額プランということです。

料金は1GBまでなら2,900円、3GBまでなら4,000円で5GBまでなら5,000円です。
このあとは20GBまでになり月額料金は7,000円になります。

結構細かく料金が別れているように感じますが、ベーシックプランに変更したほうが
お得になるのでしょうか。

ドコモの新料金プランに乗り換えないほうがいい場合もある

ドコモの新料金プランは確かに安くなる場合もあります。
でもプランの変更にはかなり気をつける必要がありそうです。

まず今までデータSパックを契約していた場合、使っている通信容量を確認して
1GB以下ならベーシックプランに変更したほうがお得になります。

データSパックの月額料金は3,500円でベーシックプランの1GB以下なら
月額2,900円です。

この場合は明らかにベーシックプランのほうが安くなります。
まあかなり節約できる人じゃないと毎月1GBというのは厳しいと思いますが。

2GBギリギリまで使っていたならベーシックパックにすると負担が大きくなります。
ベーシックパックは1GBを超えると3GBまでの料金4,000円になりますから。

では2GBで足りずに1GBの追加をしていた場合はどうでしょうか。
ドコモは臨時の追加データパックとして1GB1,000円で追加が可能です。

3,500円に1,000円を追加して3GBを使うのに4,500円です。
これならベーシックパックの3GBまで4,000円の方がちょっと安いです。

5GBまでならデータMパックと同じ月額5,000円なのでこちらは変わらず。
20GB上限のウルトラデータLパックを契約している人は乗り換えの必要がありません。

ベーシックパックだと5GBより多くのデータ通信をしてしまうと全て月額7,000円と
ウルトラデータLパックよりも高くなってしまいます。

今までデータMパックでたりていなかったという場合は素直にウルトラデータLパックに
変更したほうがいいということに。

確かにベーシックパックにしたほうが安くなるという状況がありました。
ただしベーシックパックにはちょっとしたデメリットもあります。

新料金プランではデータ繰り越しが無い

新料金プランのベーシックパックではデータ繰り越しが使えません。
つまりデータMパックと比べるとちょっともったいないという印象です。

月額料金は同じ5,000円ですがデータMパックの場合は使わなかったデータを
翌月に繰り越しできます。

例えば4GBのデータ通信をしていたなら翌月に1GBのデータ容量を繰り越して
翌月はトータル6GB使えるということになります。

まあ繰り越しデータは予備として使われて翌々月には使えないので繰り越しの計算は
ちょっと複雑なのですが。

これに対してベーシックパックの場合は5GBまでなら月額5,000円というのは同じです。
ただし例え4GBしか使っていなくても月額料金は変わりません。

しかも翌月に5GBに届かなかった分の繰り越しが出来ないのでデータ容量の
ボーナスなどは無くなります。

それにキャンペーンなどでボーあすパケットをもらった場合にもベーシックパックでは
20GBを使い切ったあとにボーナスパケットの消費がされます。

当然20GBまで使えば月額料金は7,000円なのでかなり負担は大きくなります。
段階式定額パックのベーシックパックはパケットボーナスの意味が無くなってしまいます。

ドコモの新しい割引、docomo withは特定の人以外おすすめしない

新しい料金プランとは別にドコモでは新しい割引サービスも提供を開始しました。
それがdocomo withという割引です。

割引の内容は対象のスマホを購入して使い続ける場合に月額料金から1,500円の
割引がされるというサービスです。

月額料金の割引でしかも毎月1,500円割引というのはかなり大きな金額です。
これをずっと利用できるというのはかなり魅力的だと思います。

ただしこのdocomo withを使うためには対象のスマホを使い続ける必要があり
その対象スマホは現在あまり数が多くありません。

サービス開始当初は2種類のみ。
2018年12月現在は8種類と増えましたが・・・

今後も対象機種は増えていく、と発表されていますが元々が発売からちょっと経った
型落ちしている機種が多く選ばれています。

当然販売終了の機種もあるので選べる端末の種類はそれほど多くならないという
印象があります。

わかりやすく言うとdocomo with対象のiPhoneは6sのみです。
最新のXでも8でも7でもありません。

そしてdocomo withを利用する場合は割引サービスの月々サポートが適応されず
端末を低下で購入することになります。

ちょっと古い端末を低下で購入し、それを使い続けることで割引が受けられる。
古い端末でも長く使うことに問題がない、と考える人以外におすすめが出来ません。

現在のdocomo with対象端末は最新型もあるので多少は安くなる

では実際にdocomo withの対象端末を確認してみます。
発売時期も合わせてみてみることにしましょう。

・ AQUOS sense2 SH-01L 2018年12月発売
・ Galaxy Feel2 SC-02L 2018年11月発売
・ Arrows Be F-04K 2018年5月発売
・ LG style L03K 2018年6月発売
・ MONO MO-01K 2017年11月発売
・ AQUOS sense SH-01K 2017年11月発売
・ らくらくスマートフォン me F-03K 2018年2月発売
・ iPhne6s 32GB 2015年9月発売

今なら最新と言える端末もdocomo with対象になっているのでこれを購入すれば
数年間使い続けても性能的にも問題はないかと。

機種変更でAQUOS sense2を購入する場合、定価でも24回払いの分割購入で
毎月1,323円の支払いです。

毎月1,500円の割引があることを考えると最新端末の購入も大きな負担にならず
使いやすいと思うかもしれません。

でははっきり言って月々サポートと何が違うのでしょうか。
基本的に一緒で分割購入が終わる24ヶ月以降が安くなるということです。

ドコモの説明では月額料金が安くなるサービスとしてdocomo withが紹介されますが
本当に安くなるのは24ヶ月後です。

しかもそこでまた対象スマホへの乗り換えをすれば月額料金の支払いがあります。
月額料金を安くするためには同じ端末を使い続けることが必要です。

まあ3~4年同じ端末を使い続けることに問題がない、というユーザーなら
月額料金の割引ができるので少しはお得になります。

SIMフリー端末を持ち込んでもdocomo withで安くなる

もう一つdocomo withの対象スマホを増やす方法があります。
それがSIMフリーの端末を持ち込んで使うことです。

これは公式サイトでも説明されている方法で、月々サポートを使わずに購入した
対象端末か、SIMフリー端末に差し替えて使った場合は割引可能なのです。

つまり自分でSIMフリーの端末を購入して、そちらにドコモのSIMカードを
差し替えて使ってもdocomo withの割引を受けることができます。

ドコモが発表している対象端末に好みのものがなければ自分で用意して使っても
割引自体は受けられるということです。

まあSIMフリー端末の購入代金は当然かかります。
その購入代金を考えると結局は一緒という気もしますが。

例えば家族に機種変更したから古い端末を渡して、それをdocomo withの
端末として利用させるというならかなりお得になります。

安く入手できる端末が用意できるならdocomo withはお得になる可能性が高い
ということになりそうです。

ドコモの月額料金を安くする方法を考える

新しい料金プランや割引サービスが把握できたところで、他にもドコモの
月額料金を安くする方法がないか考えてみます。

まずは現状の料金プランが自分にあっているのかを考えてみます。
ベーシックパックを使ったほうがいいのか、データ通信容量の確認をします。

それと一緒に契約内容の確認をしてみるのもおすすめです。
例えば基本パックの契約内容は確認していますか?

通話を良くする人ならカケホーダイはお得ですが、ほとんど通話をしないなら
シンプルプランに変更することをおすすめします。

以前はシンプルプランを利用できるのがシェアパックの利用者のみでした。
つまり家族とパケットパックを分け合っているユーザーのみが対象でした。

でも今では一人でつかう場合にもシンプルプランが利用できます。
カケホーダイライトに比べて無料通話がないぶんだけ月額料金は安いです。

それと不要なオプションの解約も重要です。
ショップなどで契約した場合、オプションに加入している場合も多くあります。

最初の数カ月は無料で、解約しなければ月額料金が発生するというオプションの
解約を忘れていては月額料金の負担がかなり大きくなります。

それに端末の保証などは買い替え周期の早いスマホではあまり意味がありません。
これらのオプションを解約するだけでも毎月1,000円近くの節約になる場合も。

有料オプションの見直しは月額料金の節約にとても効果的だと思います。

ドコモにこだわらなければ格安SIMに乗り換える

使っている端末を変えずに月額料金を安くする方法として格安SIMに乗り換える
という方法もあります。

ドコモ系の格安SIMなら使っている回線がドコモの電波なので今の端末を
そのまま使い続けることができます。

しかも通話付きプランでも大手キャリアに比べるとかなり月額料金が安くなります。
例えば@niftyの格安SIMのNifMoなら音声通話付き3GBプランで月額1,600円です。

ドコモのベーシックパックで3GBまでの月額料金はどんなに安くしても5,280円なので
どれくらい安くなるかわかるかと思います。

MNPを使えば今まで使っていた電話番号もそのまま使い続けることができます。
ただしドコモではなくなるのでサービス面での不安が残るという人も多いかと。

それにドコモのキャリアメールも使えなくなるのでメアドを変えたくないという場合には
この方法はおすすめしません。

フレッツ光を使っているならドコモ光の割引をつかう

ドコモの端末を割引する方法としてはドコモ光という光コラボをつかうという方法も
おすすめしやすいです。

最近では自宅に固定回線を引いているという方も多くなり、フレッツ光を利用している
という方も多いはず。

そんなユーザーにはドコモ光にするだけでデータ定額パックの割引が利用できます。
しかもフレッツ光とプロバイダの合計月額料金よりも安くなる可能性も。

戸建てでフレッツ光とOCNを使っている場合、合計の月額料金は6,000円を超えます。
でもドコモ光にすれば戸建てならOCNを使い続けられて月額5,400円です。

しかもSo-netなどにプロバイダを変えればドコモ光の月額料金は5,200円になります。
使っている回線はフレッツ光と同じ回線なので基本的には変わらない通信ができるかと。

それに契約しているパケット定額パックかベーシックパックなら利用したデータ量に
応じた割引をスマホで受けることもできます。

自宅ですでにフレッツ光を使っているというドコモユーザーならドコモ光にすることは
あまりリスクのない割引ができるのでかなり魅力的だと思います。

ドコモの料金体系はわかりにくく、安くなることは難しい

知恵袋などユーザーの質問サイトを見てもドコモユーザーの携帯端末を安くできるか
という質問はかなり多く見られます。

元々ドコモなど携帯キャリアの月額料金の支払い、料金体系がとても複雑でわかりにくく
契約している本人がよくわかっていないことに問題があると思います。

まあぶっちゃけ質問サイトで質問するよりもドコモショップに言って相談するほうが
安くできる可能性は高いのですが。

でもドコモショップはいつでも混雑していて相談しにくい、相談に行く時間がない
というのも問題点ではありますが・・・

今回の新料金プランにしても安くなる可能性はあるのですが、全てのユーザーが
乗り換えることで安くなるわけではありません。

新料金プランにしたら高くなる可能性もあるので気軽に乗り換えをおすすめできない
という状況です。

割引サービスのdocomo withも同じで使えば安くなる、と断言できないところが多く
こちらも自分の利用状況をよく把握してから利用することが重要です。

ドコモの新料金プランはすぐに乗り換えるのではなくまずは相談。
料金シミュレーションなどを利用して安くなる確認をしてから乗り換えましょう。

-スマホの料金を安く

Copyright© ドコモ光【速いプロバイダ】調査結果100 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.