最短で開通させたい

インターネット開通をさせるまでに最速なのはどんな回線契約?

投稿日:

インターネット開通まで最速なのはモバイルルーターで固定回線は時間がかかる

引っ越しの手続きはかなり面倒で、やらなければいけないことも多くあります。
そのときに忘れがちなのがインターネット関係の契約です。

忘れやすいのですが無いと困るというのもインターネット回線で、引っ越しをしてから
契約すると意外に開通までの時間がかかってしまいます。

今ではライフラインの一つと言われるほど多くの人が利用しているインターネットを
すぐに使えないというのはかなり厳しい状況です。

そこで最速でインターネット開通ができる方法や開通までの時間が短い回線は
無いのか探してみることにしました。

最近はインターネットへの接続方法も多くなり、中にはとても開通までの期間が
短い回線もありました。

ネット開通まで最速でできるのはモバイルルーターで、固定回線の場合は早くても
2週間程度かかるというのが平均の開通までの期間だそうで。

ただしインターネット回線の開通にはその場所の状況なども影響されるので
開通期間が長くなることもあれば短くなる場合もあります。

それぞれの回線の開通までの期間や早くできる方法などを確認してみます。

モバイル回線は電波を使っているので開通までの期間がとても短い

単純にインターネットをつかうための回線ということで考えてみると、一番早く
ネット開通できるのはやはりモバイル通信を使ったサービスだと思います。

モバイルルーターやスマホは電波を使った通信でインターネットへの接続ができます。
これらは契約申し込みから数日間、最短なら即日のネット開通も可能です。

理由は電波を使っているのでユーザー登録や契約だけでインターネット回線への接続が
できる様になること。

光回線のような専用回線を使った通信方法では回線設置工事が必要になります。
この回線設置工事が開通まで時間がかかる原因になるのです。

でもモバイル通信なら回線を使わないので設置工事が必要なく、契約の確認ができれば
すぐにでも電波回線を使うことができるのです。

モバイルルーターならスマホやタブレットPC、パソコンなどをWi-Fi接続して
インターネットへの接続ができるようになります。

またスマホをモバイルルーターのようにつかうテザリングで利用すれば同じように
インターネット接続ができます。

ただしスマホのテザリングはスマホにかなり大きな負担がかかるので長時間つかうと
スマホの寿命を大きく削ることになりますが。

ではこのモバイル通信を最速で使えるようにする方法も確認してみます。

モバイルルーターならネット開通が最速即日

インターネット回線の中でも開通までの期間が早いと思われるモバイル通信でも
最速で開通できそうなのはモバイルルーターです。

スマホも同じように使えるまでは早いのですがスマホはインターネット接続の機材
というよりも通話など含めた通信機器なので今回は考えないことにします。

モバイルルーターはネット上のプロバイダの公式サイトなど多くのところから
契約ができるのですが最速で使えるのは家電量販店など対面契約ができるところです。

家電量販店などで契約をした場合、契約成立したときにすぐに端末をもらえるので
そこからすぐにインターネット接続が可能になります。

まあ端末の在庫が店舗にある、モバイルルーターの支払い方法がクレジットカードなど
すぐに確定できる方法を選択しているという条件もありますが。

契約した当日に端末を受け取れるなら、そこからインターネット接続ができます。
つまり即日にネット開通がされるということになります。

契約当日にネット開通ができる以上に最速の方法はないので、これが一番早い
ネット開通方法だと思います。

ただし家電量販店でのモバイルルーター契約はお得感があまりなく、気をつけないと
余計な負担が大きくなることも・・・

キャンペーン展開もネット上の加入代理店やプロバイダを使ったほうがお得なので
家電量販店での契約は最速開通だけを考えたときにのみおすすめです。

ADSLならネット開通まで比較的早い

モバイル通信なら回線工事がないのでかなり早くネット開通の期待が出来ます。
ネット上からの申し込みでも端末が届くまで3日程度かかりますがそれで開通できます。

でも電波を使った通信なので安定性がなく、地域によっては使えないというデメリットも。
それを考えるとやはり固定回線がいいと言う方も多いと思います。

そこで固定回線でもネット開通までの期間が短いサービスを探してみました。
ちょっと条件がありますがADSLならネット開通までの期間は短いです。

ADSLは電話回線を使ったインターネット接続サービスで、戸建住宅なら以前はかなり
多くの住宅が電話回線を設置していました。

つまりすでに設置されている回線を使ってインターネット接続するので開通までは
あまり長い期間がかからないのです。

一応通話だけではなくデータ通信も同じ回線で行うので、その切り替え工事が
NTTの管理区画で必要になります。

でもこの工事はユーザーには直接影響がなく、当然立ち会いも必要ありません。
ユーザーの都合に関係なくできるので時間はかかりません。

ただ電話の回線とインターネット回線を分けるための装置など自宅に設置が必要で
その設置工事が入ることもあります。

プロバイダによっては接続キットが郵送されて、それを自分で設置するという場合も。
この場合は郵送に時間が必要です。

どんな状況かによって開通までの期間は変わりますが、大体1週間程度から
長くても2週間あればネット開通すると思います。

状況によってADSLが使えないしネット開通までも早くない

ADSLをつかう場合の注意点として、すでに電話回線の設置工事が終わっている場合
という状況が必要です。

古いアパートなどでは普通に各部屋に電話回線の設置はされていると思いますが
最近の集合住宅では建物全体に電話回線の設置がされていない場合もあります。

スマホが普及してから若い人の一人暮らしでは固定電話を使う人が少なくなり
若い人向けのアパートでは電話回線の代わりにインターネット回線を引く場合も。

電話回線がない状態でADSLの申込みをすれば当然電話回線の設置工事が必要で
この場合には開通までの期間は長くなってしまいます。

それとADSLは向かいから使われているメタル回線という電話回線を使います。
でもNTTでは電話回線も光回線を使うように切り替え工事を行っている状況です。

光回線への切り替えが終わっている地域ではメタル回線が無いのでADSLを使えない。
つまりADSLの契約ができないという状態になっています。

まあケーブル設備に余裕があればメタル回線を設置して貰える場合もありますが
やはり開通までの時間はかかることになります。

ADSLは条件が整っていれば開通までの期間が早いということです。
ちなみに電話番号の権利を持っていなくても契約できるので回線さえあれば大丈夫です。

光回線は基本時間が掛かるが状況によってはネット開通まで早くなる

現在利用できる家庭用のインターネット回線では一番開通までの期間が長いと思うのが
光回線を使った場合のネット開通です。

光回線はインターネット接続専用の回線で、専用回線を使うために通信ノイズが
入りにくく高速通信が出来て安定性が高いという魅力があります。

ただし専用回線なので他の回線と併用しておらず、基本的に設置工事が必要になるので
どうしても開通までの期間が長くなってしまいます。

何もトラブルがなくネット開通できたとしても最速2週間程度の時間が必要です。
一般的にはトラブルがなくても1ヶ月程度かかると言われています。

さらにトラブルが合った場合にはもっと延びることになります。
最悪の場合は申し込みからネット開通まで6ヶ月かかったという口コミもありました。

とても時間がかかりすぐに使うことが出来ないという印象が光回線にはありますが
これも実は状況によって開通までの期間が大きく変わるのです。

状況によっては開通までにADSLと同じくらい、1週間程度で光回線が開通する
ということもあります。

色々な状況の光回線開通までの期間を調べてみることにします。

光コラボにするなら数日でネット開通ができる

すでにフレッツ光の開通が出来ている状態でプロバイダとセットになって割引ができる
光コラボの申込みをした場合には開通までの期間はかなり短くなります。

というか光コラボではフレッツ光を使った回線サービスとプロバイダ料金をセットにして
割引をするサービスです。

プロバイダなど光コラボの提供元によってはさらにお得になる割引やキャンペーンの
展開をしているのでお得に光回線が使えると注目されています。

特にスマホの月額料金が安くなるドコモ光やソフトバンク光を使えれば通信コストが
かなり下げられると人気があります。

この光コラボはフレッツ光を使っていない状況から申し込みをすれば光回線の
設置工事が必要なのでやはり時間がかかります。

でもフレッツ光を使っているユーザーが光コラボに切り替えるなら設置工事が必要なく
プロバイダの変更手続きなどですぐに開通させることができます。

まあ開通も何もフレッツ光はそのまま使えるのでプロバイダの切り替えタイミングを
間違えなければネット接続ができない状況はありません。

契約しているプロバイダの光コラボに入るならプロバイダの切り替えもないので
全く同じ環境のままで月額料金だけが変わることになります。

つまりネット開通がされている状態で切り替えるだけなので正しくは開通するとは
言えないのですが・・・

一応特別な状況の1つとして紹介をしておきます。

NURO光はネット開通までの時間がさらにかかる

新しい光回線サービスとして注目されているのがNURO光です。
こちらはフレッツ光よりも通信速度が速いサービスとして期待されています。

実際に理論上の最高速度は下り2Gbpsとフレッツ光の1Gbpsの倍の速度で
通信ができる事になっています。

ただし現在はまだ対応している地域が少なく、関東地方と東海地方の一部に
関西地方の一部しか対象地域になっていません。

そしてもう一つの特徴は回線設置工事が2回必要になること。
室外工事と室内工事の2回工事が必要になるのです。

NURO光はダークファイバーと言われるNTTの予備回線など現在使っていない
光回線を使ったサービスの提供をしています。

そのために各住居までの回線設置工事はNTTが行って家の外壁まで光回線を
持ってきて設置します。

その後にNURO光の回線終端装置などを設置して住宅内で光回線を使えるようにする
室内工事が必要になります。

これらの工事それぞれに予約が必要で、先に室内工事を行って外壁に光回線引き込み用の
端末を設置してから室外工事で電柱などから回線を引き込みます。

工事2回を調整するのがとても大変でどうしてもネット開通までに時間がかかる
というのがNURO光の大きなデメリットです。

NURO光の場合は最速でもネット開通まで1ヶ月、平均的に2ヶ月位かかる
というのが口コミなどでも言われています。

ネット開通まで別回線をレンタルできるサービスも有る

安定した高速通信でのインターネットを期待するならやはり光回線ですが
ネット開通までの時間はかかることに。

でもその開通までの時間に別の回線を利用するというサービスもあります。
光回線開通まではモバイル通信を使うというサービスです。

前に説明したようにモバイル通信は電波を使ったネット回線なので回線設置工事がなく
契約してすぐにネット開通できます。

そして光回線の契約をしたときに、回線設置工事まで2週間あるならその期間の
ネット接続にモバイル通信を使うというサービスです。

単純に自分でレンタルルーターを契約してもいいのですが、最近では光回線の業者が
レンタルをしてくれるというサービスも多くなっています。

実際に光回線の開通までの時間が短くなるのではありませんが、開通までの間に
別の回線でネットができれば大きな問題はないかと思います。

ソフトバンク光は光回線のネット開通までポケットWiFiが無料レンタルできる

普通にモバイルルーターをレンタルすると1ヶ月間で4,000円程度、ただしこれは
安い場合で1日400円くらいなら軽く1万円を超える金額になります。

短期間なら便利なレンタルのモバイルルーターですが開通まで1ヶ月近くかかる
光回線の場合はコストが大きくなってしまいます。

でもソフトバンク光ならこの光回線開通までの期間、系列会社が提供している
ポケットWi-Fiと自社のソフトバンクAirから選んで無料レンタルできます。

ポケットWiFiは持ち運びができるモバイルルーターで対応地域は全国的に広く
人口カバー率も99%というどこでもインターネットができる回線です。

ソフトバンクAirは据え置き型のルーターでソフトバンクの4G/LTE回線を使った
インターネットができます。

どちらもモバイル回線を使っているのでネット開通は端末が届いた当日に可能です。
これを光回線開通まで無料でレンタルすることができるのです。

一応どちらも対応地域の問題はありますが、利用可能地域が広いのでまず問題は無いかと。
無料でレンタルできるのでコストに関しても気にする必要がありません。

まあポケットWiFiの場合はデータ通信容量を気にする必要がありますが、光回線の
開通までのつなぎとしては十分に使えると思います。

加入代理店のお急ぎ便はネット開通までのレンタル料金が発生する場合も

光コラボのソフトバンク光ではお得にならない、ドコモのスマホユーザーでは
ポケットWiFiレンタル無料だけではソフトバンク光には入りにくいですよね。

そんな場合はフレッツ光の加入代理店が行っているサービスのお急ぎ便という
サービスも利用できるかと思います。

こちらはフレッツ光への加入申し込みのときに一緒に申し込みをすると開通までの期間
レンタルのモバイルルーターが利用できるというサービスです。

加入代理店ごとに利用できるモバイルルーターの種類などが違うので申込みの前に
確認することをおすすめします。

加入代理店のサイトではレンタルできるモバイルルーター端末の確認もできるのですが
こちらを利用する場合にはちょっと注意が必要です。

ソフトバンク光の場合は光回線のネット開通まで無料でルーターのレンタルが出来ました。
でもお急ぎ便のサービスでは全てが無料というわけではないのです。

お急ぎ便のサービスを行っている代理店を調べてみると、ネット開通までではなく
最長2ヶ月間のモバイルルーターレンタルが10,000円というところもありました。

レンタルのモバイルルーターは30日利用すれば5,000円以上という所も多いので
2ヶ月で10,000円というのはそれほど高くはないと思います。

でも他のお急ぎ便ではネット開通まで無料レンタルができるところもあるので
そこと比べれば10,000円というのはかなり高いと感じます。

確かにお急ぎ便は便利なサービスですが、契約内容はしっかりと確認してから
申し込みをするようにしましょう。

ネット開通最速の方法は事前の申込み

知恵袋などの質問サイトでもインターネット回線を最速で開通させる方法を
知りたいという質問が見られました。

光回線はどうしても専用回線の設置工事が必要で、集合住宅でも各部屋までの
回線接続切り替え工事が必要になります。

モバイル通信なら契約して数日後には端末が手元に届くのですぐにネット開通が
できるのですが・・・

光回線をすぐに使いたいと思うなら事前に申し込みをしておくことが重要です。
引っ越しのあとにすぐに使いたいなら引っ越しの日にちから逆算して申し込みをします。

今ならネット上で光回線の対応地域を検索できます。
移転先のネット状況も調べることができるのです。

引っ越しの予約などがすでに決まっているなら回線の移転も一緒に行えば、移転した日に
ネット開通させることも無理ではありません。

すぐにネットを使いたい場合は事前の申込みがとても重要。
間に合わなければレンタルなど別回線の利用も考えるのがいいと思います。

-最短で開通させたい

Copyright© ドコモ光【速いプロバイダ】調査結果100 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.