光回線の支払い方法

光回線の申込みをデビットカード支払いで契約できる?

投稿日:

デビットカードで契約が出来る光回線はない

光回線は現在かなり多くの地域で対応できるようになり、月額料金も比較的手頃な
料金になってきました。

最近では家庭用のゲーム機などでもインターネット回線を使ったプレイができる様になり
固定回線がまた見直されています。

一人暮らしでも光回線を使いたいという方も増えているようですが、支払い方法には
どんなものが使えるのでしょうか。

最近注目されているモバイル通信の場合はクレジットカードが必須、というプロバイダも
多くなっています。

インターネット回線の支払い方法にクレジットカードが使いやすいのはわかります。
では同じようなサービスのデビットカードは使えるのでしょうか?

今では金融機関の新しいサービスとしてデビットカードはかなり浸透したと思いますが
それを光回線の申込時の支払い方法として選ぶことができるのか。

ちょっと調べてみるとデビットカード支払いで申し込みができるという光回線は
見つけることが出来ませんでした。

現状ではショッピングなどで使いやすいデビットカードも光回線の支払いには
利用できないようです。

デビットカードは銀行口座と直結した支払い方法のサービス

まずはデビットカードというサービスについてちょっと確認してみます。
クレジットカードのようなものと思ってしまいますが、ちょっと違います。

クレジットカードは信販会社が一度代金を肩代わりして料金を支払い、その代金を
信販会社に支払うという方式です。

まあ簡単な借金をしていると言えるかもしれません。
これに対してデビットカードは対応した銀行口座に直結した支払い方法です。

買い物などの支払料金がそのまま銀行口座から引き落としされます。
支払い方法としてはとてもわかり易いと思います。

当然銀行口座内にお金がなければ支払いができません。
そしてこのシステムが光回線などの通信サービスにはあまり向かない理由でもあります。

普通の買い物ならデビットカードを使って残高がないなら支払いができないので
別の方法を・・・となるのですが。

光回線などの通信サービスの支払いではちょっと変わってきてしまうのです。

以前は使えたデビットカードが使えなくなった理由は支払いされないから

例えば光回線などの通信サービスの場合、使った月の月額料金を締め日のあとに
支払うという形になります。

つまり月額料金の支払いはサービスを受けたあとということになります。
通常の買い物は商品受け取りの前に支払いなので支払いしなければ入手できません。

でも通信サービスの場合はサービスを使ったあとに支払いなのでお金をもらえなければ
通信サービス提供会社が丸損してしまうことに。

クレジットカードの場合は間に信販会社が入るので通信業者として安心です。
しかも信販会社は事前に審査をしているので信頼度も高いです。

支払いが滞っても信販会社が、利用した分の料金は支払ってくれますし支払いが
出来ないようなら信販会社が自動的に回線の利用を止めます。

でもデビットカードの場合は料金の徴収は通信会社が行います。
しかもサービスを提供したあとなので料金支払いがされなければ丸損してしまいます。

さらにデビットカードは誰でも作れるので利用者の信用度はクレジットカードよりも
かなり落ちるということに。

まあ実際にデビットカードでの通信サービス利用では多くのトラブルが合った
という口コミもあります。

通信業界ではあまりデビットカード支払いに対するいい印象は無い、というのが
簡単に想像できます。

そして現状では光回線の加入申し込み出デビットカードを使えるところはない
という事になっていました。

光回線で使える支払い方法はクレジットカードと口座振替

現在光回線の申込みで使える支払い方法を調べてみるとクレジットカードと
口座振替という方法になります。

口座振替はデビットカードと同じように口座から直接利用料金の引き落としをする方法で
こちらもやはり口座に残金がなければ支払いをすることが出来ません。

でも支払い方法自体はデビットカードと余り変わらないのにどうして口座振替では
光回線の申し込みができるのでしょうか。

口座振替に関しては以前から使われていた方法でもありますし、老舗プロバイダでも
対応しているところは多いです。

それに一応口座振替の場合は審査があります。
クレジットカードほど厳しくはないのですが、審査に通らないと使えません。

デビットカードのように誰でも使えるというわけではなく、支払いに指定した銀行口座が
健全に運用されているかを確認してから契約するという順番になっています。

つまり口座振替はデビットカードに比べるとかなり回線業者にとってのリスクが
少なくできる支払い方法なのです。

ただし口座振替の審査には2週間程度の時間がかかります。
元々工事までに時間がかかる光回線ではそれほど気にならないのですが・・・

契約してすぐに使えるというメリットが有るモバイル通信ではこの審査機関の長さが
とても大きなデメリットになります。

そのためにモバイル通信を提供するプロバイダでは口座振替に対応しているところは
現状かなり少なくなってしまいました。

光回線でも最近のサービスでは公式サイトの申込みではクレジットカードのみ
という場合もあります。

デビットカードは申込者全員が使えるサービスでもない

光回線とデビットカードを調べている間にちょっと気になる口コミがありました。
それは「デビットカードの審査に落ちた」という意見です。

基本的にデビットカードは「審査無しで誰でも使える」という条件がメリットになる
というサービスだと思っていました。

クレジットカードのような審査がない、というのも魅力の1つだと思います。
でもデビットカードを申し込んでも使えないということがあるのでしょうか。

これも調べてみると正しくは銀行口座の開設ができないのでデビットカードが使えない
という状況だというのがわかりました。

それに金融機関によっては「誰でも使える」とか「審査なし」とかの表記をしない
というところもありました。

つまり申し込めば誰でも使えるサービスではない、ということのようです。
実際にデビットカードが断られる状況はどんなときなのか、確認してみましょう。

金融機関の口座開設が出来なければデビットカードは使えない

先ほど説明したとおりにデビットカードは銀行などの口座から直接引き落としされる
支払いサービスです。

つまり銀行など金融機関の口座を持っていないと使うことが出来ません。
デビットカードが作れないのはこの口座開設が出来ないからです。

では口座開設を断られるのはどんな状況なのか。
主な理由としてはこんなことが考えられます。

・ 本人確認ができない人
・ 住所がない人
・ 過去に、名義口座が犯罪に使われたもしくは使ったことがある人
・ 生活圏から離れている人
・ 半社会勢力に属する人とその家族

マイナンバーカードや健康保険証、外国人登録証明書などを持っていない場合には
本人確認が出来ないので口座開設は出来ません。

同じように路上生活者などで住所を持っていない場合にも口座開設は出来ません。

それと一度犯罪に使われた口座の名義人は口座凍結リストというものに載ります。
意図せずに犯罪に使われたとしても口座凍結リストに名前があれば作れません。

あとはあまりないと思いますが、地方銀行に口座を作りたいという人の住所が
その銀行の生活圏とはぜんぜん違う場合には断られることが多いです。

それに半社会勢力に属する人とその家族も銀行口座を作れない場合が多いです。
このような場合にはデビットカードも作れないので断られることになります。

デビットカードに融資機能がついていると審査があるので注意

デビットカードの機能には色々とあるのですが、中には融資機能がついている
というデビットカードもあります。

融資機能とは一時的に金融機関が支払いを肩代わりしてデビットカードの支払いをする
という機能です。

金融機関のシステムダウン、調整のためにオンライン機能が使えないという場合にも
デビットカードが使えるように簡単な融資機能をつけるというサービスです。

これがあれば通信ができない状態でもデビットカードが使えるという魅力がありますが
銀行融資を受けることになるので当然審査が必要です。

少額とはいえ銀行融資の審査が入るので、当然人によっては審査が通らずに
デビットカード作成が断られるということに。

まあ融資機能がついているデビットカードは少ないと思いますが、申込みのときには
注意したほうがいいと思います。

光回線申込時に選べる支払い方法はクレジットカードと口座振替

次に光回線の申込みをする時に選ぶことが出来る支払い方法について、もう少し
詳しく確認してみることにします。

実際にインターネット上から光回線の申込みをしてみると、申し込みの記入欄には
支払い方法として選べるのがクレジットカードと口座振替だけです。

一応契約するプロバイダや回線業者によっても利用できる支払い方法が変わるので
全ての光回線でどちらの支払い方法も使えるわけではありません。

例えばフレッツ光ならNTTに申し込みをする場合、口座振替による支払いを
選ぶことが出来ます。

でもNURO光の場合、公式サイトから申し込みをすると支払い方法には
クレジットカードしかありません。

それに最近ではプロバイダとフレッツ光回線をセットで申し込んで月額料金を
割引するという光コラボもかなりサービス提供が始まっています。

この光コラボではフレッツ光回線の申し込みもプロバイダから行うので
プロバイダの月額料金支払い方法が適応されることになります。

ただしプロバイダでも月額料金の支払いにデビットカードを利用できるところはないので
やはり光回線の支払いに使うことは難しいと思います。

WiMAX2+でもデビットカード支払いを選ぶことは出来ない

光回線ではないのですが、多くのユーザーに注目されているインターネット回線の1つに
モバイル通信のWiMAX2+という回線があります。

こちらはスマホと同じ電波を使ったインターネット回線なので回線設置工事が必要なく
契約してからすぐにネット接続ができるという魅力があります。

この契約してすぐにネット接続可能というメリットを活かすために契約まで時間のかかる
口座振替ではなくクレジットカードのみの申込受付というプロバイダも多くなりました。

でもクレジットカードを持っていない、使いたくないという人は契約できるプロバイダが
かなり少なくなってしまいます。

そこでクレジットカードと同じくカード番号を入力して契約するデビットカードを
使って契約しようというユーザーも多くいたようです。

でも現在WiMAX2+海鮮を提供しているプロバイダに確認してみると全てのプロバイダで
デビットカードによる契約申込受付を行っていません。

例えばクレジットカードの申込みでカード番号にデビットカードの番号を入力しても
エラーが出るようになっています。

つまり現状ではデビットカードを使ったインターネット回線の申込みができるところは
1つもない、ということになります。

以前はWiMAX2+でデビットカードを使えたが今は使えない

でもインターネットサイトの記事を見てみると「デビットカードでWiMAX2+契約可能」
という記事を見ることがあります。

この記事を見ると特定のプロバイダで特定のデビットカードを使えば契約が出来る
と説明してありました。

では実際に現在WiMAX2+の契約がデビットカードでできるプロバイダはあるのか?
調べてみましたが公式サイトで「できる」と説明しているところはありませんでした。

一応インターネットの記事で契約できると説明されていたプロバイダのサイトも
調べたのですが「デビットカード不可」としっかり書かれていました。

ではなぜこのような嘘の記事が多く見られるのか。
実は嘘ではなかった頃があったのです。

確かにデビットカードが提供開始された当初、WiMAX2+提供プロバイダでも
デビットカードでの加入申込受付をしていたところがありました。

その頃に書かれた記事なら「できる」と説明していると思います。
でも現在ではそのプロバイダもデビットカードでの対応を終了しています。

まあきちんと管理されているサイトならプロバイダが対応終了をした時点で
記事の変更や削除もされているのでしょうが・・・

そしてそのまま放置されているサイトの情報を鵜呑みにして記事を書いてしまえば
「デビットカードで支払いができる」という間違った情報が拡散することに。

今でもデビットカードが使えるという記事を見ることがある理由としては
こんな状況が考えられます。

デビットカードの対応は自分で確認することがおすすめ

普段の買い物やネットショッピングではかなり便利という印象のある
デビットカードですが月額料金の支払いについてはかなり難しいところです。

公共料金の支払いについてもデビットカードは対応が分かれます。
デビットカードの発行元で出来るかどうかが変わる場合多いです。

つまり光回線などの支払いだけではなく、ガス水道電気の支払いに使えるかは
自分でデビットカードの発行元に確認することが必要になります。

まあ光回線やモバイル通信ではデビットカードが利用できるところは無い
というのがわかっているので、ここは問題ないと思いますが。

デビットカードに対応している店舗なども増えているので、買い物につかう
というならおすすめしやすいのもデビットカードです。

ただし光回線でデビットカード支払いの申し込みができるところはありません。
通信サービスの場合はクレジットカードの利用を考えましょう。

-光回線の支払い方法

Copyright© ドコモ光【速いプロバイダ】調査結果100 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.