ドラマ健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)第6話の動画・8月21日(火)放送・あらすじネタバレと感想

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ) 第6話 放送前の見どころ、期待

生活保護は税金が使われます。そのため、島岡光(佐野岳)の面倒を親である島岡雷(小市慢太郎)がみれるのであれば彼にたくすべきだと思っています。島岡雷(小市慢太郎)は病院の院長ということですし、これまで生活保護を受けにきた人たちと比べてもお金は十分あるはずです。なにやら事情もあるようですが、理由などをはっきりと言わない島岡光(佐野岳)の態度には少しイライラしてしまいました。わざわざ生活保護を受けなくても、お金だけ島岡雷(小市慢太郎)からもらって生活をすればいいだけのことではないのかなあという印象を持ちました。

しかし、島岡雷(小市慢太郎)が会いにくるとなったとき、島岡光(佐野岳)は宿泊施設から逃げだしてしまいます。彼は電車にどびこもうとしていましたが、そこまで追い込まれているのは、うつ病のせいだからなのでしょうか、それとも親子関係に問題があるからなのか、とても気になってしまいます。「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)第6話」ではその理由があきらかになると思うので、見届けたいと思っています。

今回は義経えみる(吉岡里帆)と京極大輝(田中圭)が対応するようなので、彼らのコンビネーションも楽しみです。

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)第6話 あらすじネタバレ

島岡光(佐野岳)は島岡雷(小市慢太郎)への扶養照会を拒否し、宿泊施設から逃げ駅のホームに飛び込もうとします。「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)第6話」では自殺未遂がおこったということで義経えみる(吉岡里帆)たちに衝撃が走り、扶養照会をしようとしたことが良かったことなのか迷うことになります。

島岡雷(小市慢太郎)は役所に電話をかけ、島岡光(佐野岳)の入院している病院を聞きますが、義経えみる(吉岡里帆)は状況確認次第連絡すると伝えます。

京極大輝(田中圭)は全て自分の責任で対応することにし、今後の対応を話し合います。

半田(井浦新)は「彼は命をかけて父親を拒絶している。今はこの声をきくべきではないですか」「生活保護はいったいなんのためにあるのか」とみんなに問いかけました。

その後島岡光(佐野岳)は面会が可能となりますが、病院に行った義経えみる(吉岡里帆)と京極大輝(田中圭)に医師は彼が性的虐待を受けていたことを伝えます。

医師は父親と縁を切って治療をすることをすすめ、島岡光(佐野岳)自身も父親からの支援は受けるのはありえないと言います。

病院の帰り道、義経えみる(吉岡里帆)はケースワーカーなのにいろんな人を傷つけてきた、もう無理だと自分を責めてしまいます。しかし、半田(井浦新)と話したことで前向きになることができ、島岡光(佐野岳)の保護も正式に決定しました。

京極大輝(田中圭)は義経えみる(吉岡里帆)をランチに誘います。黙々と食事をする2人でしたが、京極大輝(田中圭)は「もっと頼っていい」と義経えみる(吉岡里帆)を励まします。

そんな中、島岡雷(小市慢太郎)が行動にでます。彼は京極大輝(田中圭)の名刺を使って、面会に行くのです。そのことを知った義経えみる(吉岡里帆)は病院へ向かい、病院側も島岡雷(小市慢太郎)が面会に来てしまったことに気がつきます。

島岡光(佐野岳)の病室に入ろうとする島岡雷(小市慢太郎)を義経えみる(吉岡里帆)は必死で引き止めます。それでもなお島岡雷(小市慢太郎)は力づくで入ろうとしますが、京極大輝(田中圭)が現れます。島岡雷(小市慢太郎)はこの件を厚労省に報告すると言いますが、性的虐待をしてきたことを公表すると言われ、身をひくことになりました。

義経えみる(吉岡里帆)たちが島岡光(佐野岳)の件に対応している間、桃浜都(水上京香)は水原典子(広岡由里子)の息子の悟ことで悩んでいました。しかし、悟の妻だという女性が現れ、すこしずつ関係を築いていけたらよいと孫の写真を送ってくるのでした。

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ) 第6話 感想

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)第6話」では、いくら親がお金を持っていても、今回のように生活保護を受けられる場合があるということを知りました。理解はできるけれど、親がお金を持っているのなら、お金だけ渡して関わらないようにする、とかはできないのでしょうか。性的虐待を受けてきたということで、親と関わりたくないという部分は理解できるのですが、なんとなくひっかかるものがあります。

そして、島岡光(佐野岳)が自殺未遂をしてしまったことの原因が京極大輝(田中圭)たちのせいのような描かれかたをしていましたが、私は一番の原因は島岡雷(小市慢太郎)であって、生活課のせいではないと思います。ただ、自信をなくしてしまったときに義経えみる(吉岡里帆)が言った「重い」という言葉には共感はできました。

島岡雷(小市慢太郎)が身分を偽って病院へ面会に行ったシーンはぞっとしました。もしかしたら面会謝絶でもこんなふうに簡単に面会できてしまうのではないかと心配になります。現実に身分を偽って面会に行った事件があるのでしょうか。悪いことを考える人もいるのですね。

島岡光(佐野岳)は生活保護を受けられることにはなりましたが、うつ病や虐待を受けてできた心の傷は簡単にはなおらないはずです。どうか治療がうまくいくといいですね。

そして、もう一件、桃浜都(水上京香)が担当していた水原典子(広岡由里子)の親子関係も描かれます。こちらも親に問題がありますが、桃浜都(水上京香)は世の中にはいろいろな家族がいることを知ったと思います。家族だからといって全てが仲が良いわけではありません。水原典子(広岡由里子)に孫の写真を送ってきたお嫁さんは、よくできた人だと思います。わたしならこういった親にはあまり関わりたくないと思ってしまうからです。

京極大輝(田中圭)と義経えみる(吉岡里帆)がランチをしていたシーンは大好きです。不器用な感じがするけれど、彼なりに義経えみる(吉岡里帆)を励まそうとしてたのがほほえましくて、くすりと笑ってしまいました。

半田(井浦新)は相変わらずステキな人ですね。落ち着きがあって、冷静で、でも生活保護を受けようとする人たちにきちんと寄り添うことができています。実際にこんなひとが職場にいたらさぞやモテることでしょう。半田(井浦新)が義経えみる(吉岡里帆)を励ますシーンがありましたが、もしあれが自分だったら、きっと半田(井浦新)のことを好きになってしまったと思います。

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ) 第6話 原作、脚本、プロデュース、演出、主題歌、俳優などに関する感想

柏木ハルコさんの作品はこれまでいくつか読んだことがあり、「健康で文化的な最低限度の生活」の原作コミックも読んだことがあります。しかし、井浦新さんや田中圭さんたちの演技を見ていると、コミックよりもドラマのほうが感情が感じられるせいか、彼らの迷いに共感できる部分が多いです。

遠藤健一さんもとても素敵な俳優さんですね。彼については、これまで強いイメージのキャラクターを演じてきた印象がありますが、生活保護を受けていたという男の人生を見事に演じてらっしゃいます。うまい俳優さんはどんな役でもこなすことができるのですね。吉岡里帆さんも、一生懸命な主人公の役がピッタリだと思います。見ていて応援したくなるシーンが満載でした。

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)第6話」はこのように演技力のある俳優さんがちがそろっているおかげで、リアリティを感じることができました。川栄李奈さんも元アイドルですが、しっかり優等生である栗橋を演じていると思います。

なお、ドラマの主題歌としてAAAの「Tomorrow」が使われていますが、この歌もドラマに合っていると思います。なんでもこのドラマのために書き下ろした曲のようで、明日へ強く踏み出していこうといったメッセージが込められているそうです。AAAの3年ぶりのバラードとのことですが、歌詞を意識しながら聞くと、こちらも元気がもらえます。

原作コミックの新刊が出ると、ついつい読んでみたくなりますが、事前の知識を持たずにドラマも見てみたいため、読むことを迷ってしまいます。